引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

伝えなくてはならない事

おとなになれなかった弟たちに・・・


f0109919_2293618.jpg 











1983年  米倉斉加年著


この本は、図書館で見つけて借りました。
そして子供に読んであげました。

戦時中の子供の話です。

うちの息子や、お隣のお姉ちゃんや上の階の赤ちゃん達と同じ年頃の子供の話です。

戦時中食べる物がなく飢えて死んでいった子供がいたこと。

食べさせる物がなくて子供を死なせてしまった親がいたこと。

自分自身、戦後何十年もたってから生まれたから、おなかが減って辛い思いをした事もなく あれが食べたい これが食べたいと選ぶ事が自由だった。
挙句の果てに、太っている事が醜いからとダイエットをしないといけないと思うようにもなった。

この絵本の中の絵は、はっきり言って怖いです

やせ細って栄養失調でお腹だけぽこりと出た子供。

子供がみんな悲しい顔です。

『僕は、ひもじかった事と、弟の死は一生忘れません』
と、この本は最後に綴られています。

子供は毎日お腹がいっぱいで いっぱい眠れたら幸せなんじゃないかと思います。

人を殺すから戦争はいけない。

人と人が傷つけあうから戦争はいけない

勿論それらもいけないことだけれど、普通の生活ができなくなる事が、一番辛くて悲しい事ではないのでしょうか?

子供にこんな思いをさせてはいけないのです。

それが私達大人の使命なのです。
[PR]
by priprim | 2006-12-09 22:44 |