引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ちょっと考えた。

温暖化

この冬旦那がスキーに行くとスタッドレスタイヤを買った。
そして新潟までスキーに行ったのだけど「高速道路に雪はなかった」
と帰ってきた。
財布を握る主婦としては「無駄なもの買いやがって!!」と
怒りたいところですがここで思った。
この冬おかしくない?
年末のスキーキャンプに行くはずだった中トロ君も雪が無くていけなかったし、今朝のニュースではロシアの氷のはった海で釣りをしていた人たちが氷が割れて沖に流されたのを見た。
「雪が無くて寒くなくて過ごしやすい」私たちが生活するうえではありがたいことです・・・がやっぱり冬は寒いものだし、北国では雪は降るものだし
「寒いな~」って言いながら身体硬くして肩凝らさないとダメよ。
雪がわんさと降る北国の生活を知らずに安易な事を言っているとは思うのだけど、毎年わんさと降る雪が「降らない」事って怖くないですか?
このまま行けば夏はどうなるの?

年末にニュースで「日本海で南の海にしかいないはずの魚が獲れる」ってのを見たときに、そういえば2年前に鳥取県の海に行ったときに黒い熱帯魚が泳いでいるのを見たのを思い出した。

テレビやラジオで
「地球温暖化を防ごう」
「このままではいつか地球が滅びます」
なとど言っているのを目にし耳にします。
でもそこから先を言わない「じゃあどうすればいいの?」
「いや、言ってますよ」と仰る方には申し訳ないけど、私には分からなかったのです。
芸能ニュースには詳しいけど地球温暖化を防ぐ方法知らない人なんて沢山いるはず。
何においてもアンテナが違うほうに向いていたらその情報はキャッチできないもの。
ただね、テレビを見て「やせる」と聞いたら嘘でも何でも納豆が売り切れたりしちゃう世の中テレビ関係者の人たちももう少し温暖化防止の方法について取り上げてほしいと思うのです。


こないだ読んだ本にダライ・ラマの言葉があったので紹介します

『私たち人間はおそらくこの地球を破壊する力を持っている唯一種だということです。
鳥や虫にそんな力はありません。
どんな哺乳類でもダメです。
しかし、逆に考えれば、人間に破壊する力があるのなら
地球を守る力もあるのです。』

誰かがしてくれるのではないと思います。
守るのは自分自身です。
目玉の元国会議員さんが言ってはりましたよね
『大きなことはできませんが小さなことからこつこつと』
これですよ。
今日一枚レジ袋もらわなかったら今日は一枚でも明日もなら二枚明後日もその後も・・・・・小さなことからこつこつとですよね!
お買い物にはマイバック。
スタバに行くならマイカップ。
お出かけするなら水筒持って。
いらない電気は消しましょう。
出来ることからやってみます。
[PR]
by priprim | 2007-02-05 14:03 | 雑記