引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

悲しくて悲しくて

キャリー

f0109919_22155282.jpg


このパッケージ見たらいったいぜんたいどれほど恐ろしい映画なのかと思いますねぇ・・・・



私がこの作品を初めて見たのが中学生の時。
テレビの洋画劇場でした。
以来幾度となく見ているのですよ。

本来ホラー映画は見ません。
特に最近の日本のやら韓国のやらは怖そうなので見ないの。

この「キャリー」と言う作品ジャンルとしては『ホラー』だけど(まあ血まみれの女の子が超能力で怖い事やっちゃうんだからホラーなのかもしれませんが)
だだの『ホラー』じゃあありません。

何よりも恐ろしいのは血まみれの女の子でもなく、超能力でもなく『生きている人間の行動』です。

狂信的(と言うより狂っている)母の元に生まれたキャリー。
それがゆえに17歳まで初潮の意味も知らず突然アソコから血が流れ出したのですから『死ぬ』くらいの恐怖を感じたことでしょう(実際にはあんな流れ方しませんけど)。
本来なら母親に喜んでもらえたはずの初潮(私は赤飯炊いてもらったぞ。イヤだったけど)を悪魔のしわざと罵られ、学校ではいじめられお化粧ばっちりのクラスメイトとは対照的に髪はボサボサ服も自分で縫った物すっぴんでそばかすだらけ・・・・キャリーは高校生の女の子なのに・・・。
そのキャリーが学校一の人気者トミー・ロスにプロムに誘われ嫌々ながらも承諾し準備をしていくキャリーはやはり普通の女の子。
うきうきと化粧品を選び、ドレスを縫う。

狂った母親に膨らんだ胸を汚らわしいと言われても何を言われても
『私は普通の生活がしたいのみんなと同じようにいろんなことがしてみたいのよ』と訴える。

そしてプロムパーティ
きらきら光るホールできらきら光るキャリー。

おどおどした表情は消え笑顔のキャリー。

初めてのダンス。

トミーとの初めてのキス。

そして選ばれたベストカップル。

笑顔のキャリー。

きらきらきらきら・・・・
f0109919_22503526.jpg


そして惨劇は起こる。

頭上から豚の血を浴びたキャリー。

皆が笑っている。
皆が私を笑っている。
皆が私を・・・・・

家に着いたキャリーを初めて母が抱きしめてくれた。
髪をなで背中をさすり・・・・

そしてその母はキャリーを刺した。
恐怖と痛みに脅えるキャリーは母に刃物を向けた。

崩れていく家
崩れていくキャリー・・・・

f0109919_22573243.jpg

見れば見るほど辛くて悲しくて・・・
このままキャリーが自信を持って暮らしていったら、大学生になって親の元を離れ新しい環境で暮らしていけたならどれだけ楽しい人生を送れたことでしょう。
キャリーが希望に満ちた笑顔で踊るシーンなど結末を知ってしまっていると涙なくしては見られません。

今回特別版のDVDを借りたのですが、DVDに特典映像がありまして、今はおっちゃんやおばちゃんになったキャストのインタビューがありました。

何よりも驚いたのがオーディションをデパルマ監督とジョージ・ルーカスが一緒にしてスターウォーズのオーディションが同時に行われたという事。

この映画を初めて見たときからぽわ~んとなったウィリアム・カット(トミー・ロス役)はスターウォーズのルーク役のオーディションを受けに来てトミー役に選ばれたそうです。


f0109919_23102721.jpg

・・でこのウィリアム・カットを今回もぽわ~んと目をハートにして見ていたのですが(この写真はアメリカンヒーロー)なんか最近こんな人見たわ・・・
誰だったっけ?
と考えた結果・・・・この人↓
f0109919_2321364.jpg

マーティン。
似てません?
余りこの写真は似ていませんねぇ・・でも動いている表情とか見ていると似ているんですよ。


ところでどなたかウィリアム・カットがレコード出していたのをご存知ですか?
高校生の頃レンタルで借りてテープに録音したのですが、そりゃあもうテープが伸びるほど聴いたアルバムです。
CDになっていないかなぁ~?
ウィリアム・カットはミュージカルとかも出ています。
『ビッグ・ウェンズディ』が有名ですが、ふわふわのブロンドヘアに青い瞳。
いつ見ても『目がハート』になります。
『ピピン』というミュージカルにも出てました。
f0109919_0273973.jpg

ピピンは王子様ですが、ウィリアム・カットも永遠の王子様ですねぇ(^^)>
[PR]
by priprim | 2007-05-21 23:40 | 映画