引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

見ていなかった映画 その2

イージー・ライダー

f0109919_13173289.jpg



え~私事ですが、今 歯の詰め物がはずれました。

ドキドキしています。

だってここから痛くなったらどうしよう・・・・。

明日は歯医者に直行です。

と、いつもながら関係ない話題で始まりました。

実は私この映画も見たことがありませんでした。

でもね、高校時代私の部屋にはこのポスターの↓
f0109919_13223451.jpg


パネル時計(解ります?ポスターがパネルになっていて其処に時計の針がくっ付いているの)
が貼ってありました。

製作者は兄。

中学生の頃の作品。

しかもこの人自転車を改造して(ほれ、中坊はバイクに乗れないでしょ)自分用のサイクリング用の自転車にママちゃりのハンドルを付けて↑で、ピーター・フォンダが乗っているバイクのようにチョッパーにして、どこで入手したのか後ろに背もたれも付けて乗り回してた。
でも、兄は丸坊主の中学生。
とてつもなくださかった。

そんなトラウマのせいか?

馬面好きの私のハートを揺さぶらないタイプの馬面
f0109919_13324556.jpg


ピーター・フォンダのせいか?
見たことがなかったので、今頃やっと見た。

アメリカがなんだかふわふわしていた時代のふわふわした若者達のロードムービー。

ふわふわしたと言えば響きがいいけれど「ふわふわ」しているのはドラッグのせいでもあり落ち着かない時代背景であり、椅子に半分だけ腰掛けているようなそんな不安定さがこの映画の94分という時間の間中漂う。

自由に見える若者達がはたして本当に自由なのか?

自由に暮らしているはずのコミューンでの暮らしが本当の自由なのか?

自由ってなに?

ずっと頭の中をよぎる自由という言葉。

そこで見える風景はアメリカの西部の大自然。

流れる曲はステッペン・ウルフ。

・・・・・・・・・・ああ私これ若い頃に見ていたら、もしもこれを10代後半で見ていたなら絶対
旅に出ていたわ。

丸坊主の中坊が変な改造自転車に乗っていた訳も解る気がしてきた。

たいしたストーリーもないし台詞も少ないただ見ている間中「答え」を探す。

「私の自由ってなに?」


以前はあったしがらみが今は無くなって自由になるかと思っても、そうそう自由にはなれない。

「これでいいか・・・」とおもいながらも本当はもっと自由になりたい。

「じゃあどうしたいの?」と言われても解らない。

永遠に答えは見つからないのでしょうか・・・・。

今回この映画を見てまた「何か」を考えるきっかけになるような気がしました。

見てよかった。

・・・・・・・・・・・・・・。

余談です。

先日家族で旅行に出かけ高速道路を車で走ってた時大きなハーレーダビットソンに出会いました。
よくサービスエリアなどで出会いますが大抵乗っているのは『おじさん』かはたまた『おじいさん』
今回もそうかと思っていましたら、
ヘルメットの後部から見える『長髪』・・・足元は細くて長い皮パンツ・・・・・。

そして車とハーレーが並んだ時にライダーがこっちを向いたら(私が食いつくようにみていたからか?)


・・・・・・・・ぅうっひょ~~~!!
と声が漏れるくらいの男前のイタリア人(たぶん)。

私はひと目で恋に落ちました。

いつでもさらって行ってもらってもいいよう、ヘルメットを常備しようとひそかに思ったのでした。
[PR]
by priprim | 2007-09-20 14:21 | 映画