引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

見ていなかった映画 その3

ローズマリーの赤ちゃん

f0109919_1091918.jpg



この映画ホラーなんですよね?

私はどうもこの映画と一緒について回るポランスキー監督の奥さんの事件が頭から離れず
ずーっと物凄くグロテスクな作品なんだと思っておりました。

しかし、違いました。

心理的に怖いというか、見終わった後「ぞぞぞぞ・・・」とするような作品です。

ただ私は典型的な日本人なので(ご先祖様はお寺に正月は神社にクリスマスはなんかよく分からんがケーキを食べたりする)宗教的な恐怖がいまいちピンとこなかったのだけれど・・・

最初出てきたローズマリーは健康的で明るくて可愛い。

それが悪魔の子を身ごもった為にどんどん痩せていき精神的におかしくなっていく様は見ていて痛々しい。

ラストシーン
画面には映らない悪魔の子はいったいどういう形相をしているのかは見ている私たちの想像力に懸けるしかない。

だたローズマリーが見せた表情は子供を持つ母親なら、共感してしまう事がある。
十月十日腹の中で育てたわが子を母親ならどう思うか・・・・

悪魔に魂を売った夫のガイの変貌振りも見事だし、隣人の老夫婦やアパートの住人達のどこでも平気でずかずか入ってくる無神経さに見いてる私も、イライラと表現すべきか?なんとも表現しがたい嫌悪感が沸いてくる。

最近の映画には「そんなわけないやろう」とか「そんな人おらへんやろう」とかっていう設定が多いけれど
この映画に出てくる人々は「うわぁ~いてるわこんなおばはん」とか「こんな根性の腐った奴いるよなぁ」
と、周りの誰かを思い出す。

悪魔は普通の人の格好をしている・・・・・

あの人も?この人も?実は私も?

そこがこの映画の一番恐ろしい事か?
[PR]
by priprim | 2007-09-26 10:49 | 映画