引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

学校開放デーとオペレッタ

今日は息子中トロの小学校の「学校開放デー」でした。

「学校開放デー」って何?と思われるでしょう?

私が学生の間には聞かなかった言葉です。

まあ言えば「一日中いつ来てもいい参観日」です。

朝から下校まで先生大変ですよね(笑)子供も落ち着かないし・・・

入学してすぐの参観日も夏休み明けにあった参観日も「コレで大丈夫??」と思わせるくらい
授業中に歩き回るしお茶飲んだり「すわっ?!学級崩壊?!!」ってな雰囲気でしたが、
小学校生活も半年以上経つと子供たちも成長したのでしょうね、静かに座って授業を受けていました。

しかし、まあ中トロ君「どりゃっ!!ちゃんとせんかいなっ!!」と私に窓越しに怒鳴られていましたけど・・・(笑)

授業を見学した後は全校生徒と見たい父兄だけでオペレッタ「泣いた赤鬼」を観劇しました。

教育委員会が主催している会で『移動芸術鑑賞会」として行われ地元で活躍する音楽家たちのオペレッタです。

実は私ミュージカルが苦手でしてオペレッタも・・・と帰ろうとしていたら
元バレエダンサーの友人が「見ようや~~」って言うんで仕方なく見ました。

演目は「泣いた赤鬼」

ストーリー

『人間と仲良くなりたかった赤鬼が親友の青鬼に相談します。
青鬼は自分が悪者になり村を襲いそこで赤鬼に村人を助けさせ人間と仲良くならせる方法を
思いつきます。
計画は見事成功し赤鬼は人間と仲良くなりました。
喜ぶ赤鬼ですがふと気づきます「青鬼君はどうしているのか」と・・・
青鬼は自分と赤鬼が仲良くしていると人間達がまた赤鬼の元から去っていくと案じ
静かに村を出て行きます。
そのことを知った赤鬼は泣きながら叫ぶのでした 「青鬼くん ごめんね 青鬼く~ん!!」
しかし、青鬼は帰っては来ませんでした。』


声楽家の生の声は確かに素晴らしく始まったとたん鳥肌が立ちました。

そしてこのストーリー。

絵本を読んで知ってはいたのですがまたしても泣きました。

友達を思いやる青鬼の優しさに涙がつーーっっ(T-T)

子供たちも最初はざわついていたけれど、歌いだしたとたん静かに聴いていました。

子供向けのオペレッタですので途中一緒に歌ったり踊ったりを交えとても楽しい時間となりました。

なかなか声楽家の生の歌声を聞く機会なんてありませんから、子供たちにも何かを与えてくれたのではないでしょうか??
f0109919_2234341.jpg







「泣いた赤鬼」の絵本をまた引っ張り出して読みたいと思います。
[PR]
by priprim | 2007-10-18 20:19 | 子供