引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ボーン・アルティメイタム


先日息子のラグビーの試合がありました。

1年生チームは予選突破。

とりあえずレギュラーに入れている息子は頑張ってました。

よかった。よかった。と泥だらけのスパイクを洗っていて気が付いたの・・・・

右の靴だけが物凄く猫のおしっこ(マーキングのあれ・・・)臭いという事に。

うちは猫を飼っていないし、マンションの6階に住んでいるので野良猫が来る事も無いはずなのですが このスパイクは頂き物なので(以前の持ち主は不明)そこで掛けられていたのでしょうか?

しかし、いただいて半年以上はいているのに今まで気づかなかったってなぜ??

なんど洗っても臭いが取れず、今は重曹水に浸けているのだけどコレで取れるかしら?

何が辛いって「取れたかどうか」を確認するため鼻をスパイクにくっ付けて臭いをかいで、

臭いが残っている時の衝撃ったら・・・・・・(TOT)

今朝もその行為をしてしまいかなりのダメージを受けたぷりぷりです。

と、相変わらず前置きが永くなりました。

とうとう見てきました。

f0109919_921336.jpg


スマxスマでご飯を食べるマット・デイモン(you tubeで動画がアップされていました)を見て

「いい人じゃないの」と思いとりあえず見てみた「ボーン・アイデンティティー」がことのほか面白く

続けて見た「ボーン・スプレマシー」で、このシリーズを劇場で見ていなかったことを深く反省したワタシ。

3作目となる「ボーン・アルティメイタム」は2日続けて見に行った。

「記憶をなくした男の自分探しの旅」

3作を通して語られるのはこの事。

どうだろう?ある朝目覚めたら自分が誰か解らなくて何故か物凄く強くて、何故かピンチを潜り抜ける事が出来たら・・・・

そして、断片的に思い出すのは「人を殺している」事だとしたら・・・・


「お前達に人殺しをさせられていた・・・・・」

CIAの極秘プロジェクトによって殺人マシーンに育て上げられたジェイソン・ボーン。

相手が誰で何をしたかも知らされず『殺せ』と言われて『殺す』

人間としての尊厳も何も無い。

断片的ではあれ記憶を取り戻していたボーンに博士は言う。

「お前は望んでそうなった」と。

愛国心に燃え国を守る為に志願した青年は、自分以上に大きな存在により抹殺されいつの間にか自分の意思とは関係なく働かされる。

それは死への恐怖とストレスによる強迫観念。

やがて青年は何も感じず考える事も出来ず、だだの殺人マシーンとなる・・・

記憶を取り戻し自分が誰なのかが解ったとは言え「自分で志願して」こうなったことに対するショックは大きかっただろう。

だが、ボーンはこの3作を通して確信していったはずだ。

殺そうとしたヒットマンにボーンは言う

「お前はなぜ俺を殺す?」

「お前はそれでも人間か?」

ボーンは1作目で暗殺計画に失敗している。

なぜならボーンの中の本人であるデビッド・ウェッブが目覚めたから・・・

2作目では自分が殺した夫婦の娘に謝りに行く。

ジェイソン・ボーンとしての過去の過ちを清算するためにも。

3作目でボーンは言う

「もうジェイソン・ボーンはいない」

いくら3000万ドルかけて人間を変えようとしても変らない。

理想論かも知れない。

世の中そんなものじゃないのかもしれない。

人間の中にある「善」の部分は変らないはずだ。

そんなメッセージを受け取ってしまったように思う。


しかし、いくら映画だフィクションだと解っていても怖いのが、私たち一般市民の行動や言動でさえああいった政府機関などで知られている事。

駅やショッピングセンターに設けられた監視カメラ。

電話、ネットでの「極秘ワード」を使った者のチェック。

電話の盗聴。

映画だフィクションだとは言え、あれらは実際に存在する物だしそれによって守られている感もある。

しかし、だ。

もし「ぷう」なんて言葉がなにやらの極秘プロジェクトに係わっている言葉で『エロエロ』なんかがもっと重要な言葉だったりしたら・・・・・

ワタシ・・・・・首に注射されて拉致班に連れて行かれるな・・・・

などと心配してしまったのですよ(笑)←あいかわらずバカ。

このシリーズに出てくる女性たちはみんな良いねぇ~。

誰も「きゃあ」なんて言わない。

特にお気に入りのキャラがニッキー
f0109919_22543876.jpg



クールで頭が良いのが伝わってくる。

本当は泣き叫びたいほどの恐怖にさらされている時でさえ、そんな事も表面に出さない。

あんな女になりたいなぁ・・・・・。

「きゃあ」なんて、ここ15年は言った事ないんだけどなぁ・・・。

それだけじゃあだめよねぇ・・・・トホホ
[PR]
by priprim | 2007-11-14 10:14 | 映画