引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

寒さ倍増??

まず、お詫び・・・

先日いつものようにとっても嫌なトラックバックが着ました。拒否設定だとかを親切な鍵コメさんに教えていただいたりもしたのですが題名だけで「こりゃあかん!!」ってなのでしたので、取り消し処理をいたしましたら、なぜか他の皆様からのトラックバックも消去してしまったらしいのです。
原因は不明ですが、以前トラックバックを頂いていた皆様申し訳ありません。
そんでもってトラックバックは当面受付拒否としています。


さて、寒いですね。

土曜日は神戸にも雪が積もりました。
積もったと言っても足でのければ無くなる程度の積雪でしたが、子供たちは大喜びで「雪だるま」を作っていたのですがなにせ雪の量が少ないのでガングロ卵ちゃんならぬガングロ雪だるまちゃんがあちこちにありました。
f0109919_1222817.jpg

                (ガングロたまごちゃん参考画像)

ところが、昨日はまるで春・・・・
車で出かけましたが車内の温度は高くエアコンを入れました。

そしたらそしたで今日はまた寒いと来た。

やっと治った風邪をまたひかぬよう気をつけたいと思います。

で、今日の映画・・・・

雪といえば浮かぶ映画は色々ありますが、中学生の頃公開されたこの映画
同級生のSちゃんが「二人の女の子が・・・・・・・エレベーターから血ぃが・・・・・斧が・・・・・」といったフレーズを囁きワタシを震撼させた思い出のあるこの作品

f0109919_11265584.jpg



                        『シャイニング』

高校生の時に一度テレビで見たはずなのですがラストシーンしか覚えていなかったので見ました。
スタンリー・キューブリックの監督作品

まずコロラドの山沿いを走る車を空からカメラが追いかけます。
「展望ホテル」に入ってしばらくは長まわしで登場人物を追いかけます。
f0109919_11435726.jpg

ホテルのエレベーターからあふれ出る血ぃはさしずめダリの絵を見るような美しさの中に恐怖が描かれ突然現れる少女達の水色のワンピース、ホテルの中を走る三輪車のタイヤが床からカーペットの上を走るため変化する音・・・・・

不気味です。

不気味で・・・した。

ところがです。

途中からもうジャック・ニコルソンにイラ付いてきます。

そうするとこの作品に頻繁に使われる長回しの技法がこれまたイラついてきます。

f0109919_11442689.jpg

「どう?俺狂ってきてんけどこれくらいの狂いぶりどう?まだやってみよか?どう?どう?この狂いぶり?どう?なぁどうよ?どう?どう?どう?????」

まるでいつも歯を剥いている闘犬の様で、怖いとか狂っているとかよりも「ジャック・ニコルソンのオーバーアクション」が気になって仕方ない。

誰もいない山の中での孤独とホテルの怨霊に乗り移られた男の狂気とはあんな感じなんでしょうか?もっと静かにじわじわ・・・・・・と狂っていかれたほうがどけほどリアルか・・・

ですからラスト近く凍り付いてるジャック・ニコルソンを見たときには20数年前同様笑ってしまったのです。

それと嫁さん役の女優の下手さもイラ付いた。
f0109919_11452052.jpg



ファンの方も多い巨匠の作品をけなすつもりはありませんが、これはホントにキャスティングミスです。

今は亡き岸田森あたりが演じていたならば・・・・・・と想像するだけで震えているワタシなのでした。
[PR]
by priprim | 2008-02-12 12:00 | 映画