引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2007年 12月 17日 ( 1 )

せわしいでんな

もう今年も残すところあと半月ほどになりました。

師走の街はどこもかしこも人があふれていますね。

先日も神戸ホームズスタジアムにラグビーの試合を見に行って、帰りに「大丸 神戸店に行こう」と地下鉄を降りたのですが・・・・

なんじゃっ!こりゃぁぁぁ~~!!

ってなくらい人がいて(ただ今ルミナリエが開催中なので点灯待ちの人が多いのですね)

座ってお茶するのなんて無理な位どこの店も行列で、ただでさえ人ごみが嫌いなうえに

この時期は「あんたら頭おかしいんちゃう?」ってなカップルが多いのも、私は耐えられず

そのまま駅に向かい家に帰ったのでした。

こんな人の多い師走で思い出すのが、今から15年ほど前の大晦日の出来事・・・

時代はバブル全盛期。

私は岡山である年越しライブに行くため、姫路駅へ向かっていました。

服装はバブル期には女子がなぜか着ていた肩パットがアメフトのユニフォームのような真っ赤なスーツ。
その上に友人から借りた豹がらのフェイクファーのコート・・・・と、今思うと恐ろしい服装でしたが
・・・。

そんな私が横断歩道を渡ろうとした時、前から真冬にも係わらず白いランニングシャツにステテコ姿の坊主頭のおじさんが歩いてきました。

「おいおい寒くないんかいな?」

なんて思いながらそのおじさんを見たら、なんと手には

刃渡り40センチもあろうかと思われるピカピカの刺身包丁が握られておりました。

「え~~?」

なんて思いながらすれ違うと、また前方から5~6人のおまわりさんがだだだっ!!と走ってきました。

人間って不思議なものですね~。

その時はじめて「怖い」と思ったのですよ。

私の服装といい、髪形(爆発していました)といい、かなり目を引いたはず・・・・

しかもそのおじさんと私は肩がぶつかるくらいの距離で歩いていたのですよ・・・

ただ、そのおじさんとは『目が合わなかった』のですね、それで何も無かったのか?

何もするつもりが無かったのか・・・?

師走になると思い出す出来事です。


と、思い出?に浸っている場合ではありませんね・・・。

掃除でもしなくちゃねぇ←毎年言ってる
[PR]
by priprim | 2007-12-17 11:20 | 雑記