引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:子供( 23 )

食育? 食行く?

『ウチの子は食が細いのよ~』

『ちっとも食べないのよ~』

などという言葉・・・・・

一度でいいから言ってみたい。

と、いうのもウチの息子同じ年代のお子様連れ同士で食事に行くとたいてい笑われます。

『見事な食べっぷりやなぁ~』

たいていの人は驚きます。

『ウチのコってやっぱりお母さんが大食いだから、大食い家系なのかしら・??』
『ワタシのような体型にはなってもらったら困るのようッ!!』

と、母は日々葛藤しています。

f0109919_232048.jpg

      ♪ランラン ルーと歌い大道芸も披露してくれるドナルドさん
葛藤しながらも今日のお昼にはマクドナルドへ行きました←葛藤の意味が分かっていない。

まだ小学校も高校も幼稚園も給食やお弁当が始まっていないので、マクドナルドは今日もいっぱいです。

息子は以前から『メガマックが食べたい!!』と申していましたが『あれは子供の食べるものじゃないのよっ!!』と、ハッピーセットのチーズバーガーを買い与え食べておりました。

すると、近所の3年生の男子達が5~6人やって来ました。
みんなトレーには・・・・『メガマック』が乗っています。

息子は『むうっ!!』とそちらを指差し『子供も食べてるやん!!』と怒っています。

ワタシはしばらく3年生達を観察していました。

そしたらね・・・・

絶対カロリー取りすぎだし・・・・

脂肪分なんてえらいほどあるし・・・・・(ダイエット中なのでその辺にうるさい今のワタシ)

絶対身体によくないのは解っているんだけど・・・・

そのコ達の食べっぷりが・・・・

気持ちいいのよっ!!

もともと食べる事も食べ物を作る事も好きなものですから、美味しそうに食べる人を見ると幸せな気分になるんですねぇ・・・

しかし、メガマックはいかんっ!!

これからはおにぎりを食べなさいっ少年達!!

ワタシも面倒がらずに昼食を作りなさいっ!!
[PR]
by priprim | 2008-04-11 23:04 | 子供
f0109919_13162815.jpg




温いですねぇ~。

表ではヒバリがビチュピチュせわしなく鳴き始め春の訪れを感じる今日この頃です。

最近ブログで取り上げたいほどの映画に当たらず、何を書こうかなぁ?と思っているのですがそうなるとついつい愚痴ってしまう事になります。

まあここで愚痴を吐くと気分的にワタシは楽になるのですが、嫌な人はスルーしてください。


突然ですが『頼まれ事』ってよくします?

ワタシは最近人付き合いもあまりしていないので、減ったのですが子供を持つと必ずあるのが

『子供を預かって』という頼まれ事。

息子も小学生になったのでお友達を「預かる」といったものでもないのですが、息子の仲良し君のママがとにかく頼み上手と申しましょうか、やんわり世間話をしてきて
「あっそうそう●○日空いてる?」
と聞いてきます。
私はすっかり自分が誘われているように思って
「うん。空いてるよ」と答えます。

すると

「あっそう良かった~実はその日パパが休みで京都に行くんだけど下校時間には帰ってこられへんと思うねん。じゃあうちの子学校からそのまま中トロ君の家に行かせて貰っていいやろか?」

と、すべてこの調子で後からNOとは言えない状況にさせられてしまいます。

毎日2時や3時に帰ってきますので、出かけようと思ってもあっと言う間です。
買い物に出かけても開店時間は10時や11時ですから目的以外の用事は無理です。

でもワタシなら下校時間に間に合うように何とかしますし、諦めている事も多いです(映画なんかは上映時間によって劇場で見れないことが多いです)

でもね、この人 人に頼む事を何とも思っていないみたいなの。

子供同士が仲いいので一緒に遊んだりするのは全然いいんだけれど、自分達で何とかしようと思えば出来る事をしないで他人をあてにする事がワタシには理解できないのですよ。

嫌なら嫌と断ればいいとは思うのですが、なにせ頼み方が上手いもので頭の悪いワタシはいつも同じテに乗せられてしまうのです。

そうすると自己嫌悪です。

4月からこのお友達は息子の通うラグビースクールへ来るそうです。
この子の家は車を持っていません。
当然のように試合だ何だはウチの車で行くつもりでいると思います。

このテに乗せられない為の上手い方法ないですかねぇ・・・・?

はっきり言っちゃえば済むことなんですよねぇ・・・・

『NO~~~!!』って・・・。
[PR]
by priprim | 2008-03-12 13:57 | 子供

違和感?嫌悪感?

f0109919_1053523.jpg
三寒四温とはよく言ったものですね。

つい先日は暖かかったのに、今日はまた真冬並みの寒さです。

またしても鼻水ずりずりのワタシです。

最近はすっかり映画から遠ざかり映画のことを書けないでいます(というより書きたいほどの物を見ていないのです)

と、いうわけで最近いや以前からちょっと気になっていた事を書きます。

思い起こせば4年前の秋。

とある美術館で学芸員の人と絵についてお話をしようといったようなイベントに参加した事がありました。

子供たちからお年寄りまで色々な年代の人が集まってその時展示してあった画家の絵を見ながら「この絵についてどう思うか?この絵に隠されている物は何か?」などと普段ソコまで考えて見ないような事を学芸員の人とディスカッションしながら見ていくと言ったとても楽しいものでした。

当時幼稚園児だったウチの息子も学芸員の人に色々な意見を言ったりしていました。

そして、学芸員の人が小学生の男の子に質問をしました。

「この絵についてどう思う?」といったような質問だったのですがその男の子から帰ってきた答えは
『え~っ!!そんなん答えなあかんの?それっていじめやん!!』

でした。

?????????って感じでしょ?

絵について話したくないとか自分が答えるのが嫌だとかと言った答えならまだ理解できます。

でも、どうしてそこで『いじめ』という答えが返ってくるの??

よっぽどその場でその小学生に向かって

『その言葉はおかしいっ!!』と意見したかったのだけれどそばに母親らしき人もいて何も言っていないのでとりたてて意見はしなかったのです。

そして、昨日のことです。

息子の友達が遊びに来ていました。

彼には5年生のお兄ちゃんがいて1年生同士だと言わないような言葉もやらないような事もお兄ちゃんの真似して言ったりやったりしています。

1年生の相手しかしていないワタシなので時々「へぇ~5年生にもなったらいっちょ前の事をぬかしよるねんなぁ~」と感心しているのですけれど、その子と息子がゲームをしていた時の事・・・

自分が負けそうになると言うんですよあの言葉

『お前それいじめやん』

彼はお兄ちゃんの真似して言っているだけだと思います。だって『いじめってどういう意味?』って聞いたら「嫌な時に言う言葉」って答えていましたから。

高学年になったら平気で使っている言葉なのでしょう。

自分の都合が悪くなったら相手に対して「いじめやん」

きっと学校でも先生に対して発しているであろうと思われます。

   『じゃあ、この問題●○君答えて』

   『え~っ!?そんなんいじめやん!!』

たとえばこういった感じでしょうか?


もうねぇこの言葉大嫌いなんですよ。

なんと言うか物凄くずるくて悪意に満ちた言葉のように思います。

嫌な事全てを相手のせいにするかのような発言に嫌悪感を覚えている私はカタイ人なのでしょうか?

どうしてその言葉を聴いた大人たち(ワタシも含めて)は注意しないのでしょうか?

とりあえず知っている子がこの言葉を発したら怒りますよワタシ・・・・
[PR]
by priprim | 2008-03-05 10:14 | 子供

ナイスッ!!


いつまでも愚痴話がトップページってのも嫌なので、今日はとってもナイスなお話を短く・・・

小学1年生の我が息子中トロ君、学校でいろいろな漢字を覚えてきています。

昨日の事です 宿題の「お稽古帳」をやりながら

「なぁなぁお母さん、僕学校ではまだ習ってへんけどにくって言う字書けるで~」と言いました。

「ほんま?そしたら書いてみて」

と、紙を渡しますと・・・・

「に・・く・・・っ」と言いながら書きあがりました。

「ほらっ!」と自信満々で差し出した紙には・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・『牛』

う~んっ!!

ぜんぜん違うんだけど~~

でもなんか惜しい!!(><);
[PR]
by priprim | 2008-02-27 15:41 | 子供

あと一日だったのにぃ~

♪もういくつ寝るとお正月~

と、あと今年も10日ほどになりました。

今日は小学校の終業式です。

通知表もらって午前中で帰ってくる予定でした。

?予定って???

昨夜の事でした。

夜中2時すぎ・・・・・・

私の頭をばしばし叩く息子中トロ。

「おがあ゛ざん゛・・・・げぇ出そう・・・・」

うひゃ~っ!!っとトイレに直行しひとしきり吐くと「すっきりした」とまた眠りました。

そして今朝。

毎朝起きてくると、まんがとか本を読む中トロがそのままこたつに首まで入りゴロゴロしている・・

「熱測ってみる?」と熱を測ると38.4度・・・・そしてまたトイレでゲロゲロ・・・

病院へ行くと「おなかの風邪」だそうで「脱水症状出てるから点滴しましょう」と言われ点滴をして帰ってきました。

実は今まで中トロくん小学校では皆勤だったのですよ。

幼稚園の時は風邪引いて一晩中咳をしていたりてな事がよくあったのですが、小学校へ行って

からはそれなりに体力が付いたのでしょうね、風邪もひかずこの寒いのに汗かくほど走り回って

いたのですがとうとうウィルスに負けました。

仕方ない。

2~3日はおかゆです。

f0109919_1205894.jpg


この写真のおかゆ美味しそうだなぁ~。

で、何かの本で読んだのですがフランスでは米は『便秘になる』と言われているそうなんですけ

ど、どうなんでしょう?

日本人の病気食=おかゆですよね?
[PR]
by priprim | 2007-12-21 12:05 | 子供
今日は息子中トロの小学校の「学校開放デー」でした。

「学校開放デー」って何?と思われるでしょう?

私が学生の間には聞かなかった言葉です。

まあ言えば「一日中いつ来てもいい参観日」です。

朝から下校まで先生大変ですよね(笑)子供も落ち着かないし・・・

入学してすぐの参観日も夏休み明けにあった参観日も「コレで大丈夫??」と思わせるくらい
授業中に歩き回るしお茶飲んだり「すわっ?!学級崩壊?!!」ってな雰囲気でしたが、
小学校生活も半年以上経つと子供たちも成長したのでしょうね、静かに座って授業を受けていました。

しかし、まあ中トロ君「どりゃっ!!ちゃんとせんかいなっ!!」と私に窓越しに怒鳴られていましたけど・・・(笑)

授業を見学した後は全校生徒と見たい父兄だけでオペレッタ「泣いた赤鬼」を観劇しました。

教育委員会が主催している会で『移動芸術鑑賞会」として行われ地元で活躍する音楽家たちのオペレッタです。

実は私ミュージカルが苦手でしてオペレッタも・・・と帰ろうとしていたら
元バレエダンサーの友人が「見ようや~~」って言うんで仕方なく見ました。

演目は「泣いた赤鬼」

ストーリー

『人間と仲良くなりたかった赤鬼が親友の青鬼に相談します。
青鬼は自分が悪者になり村を襲いそこで赤鬼に村人を助けさせ人間と仲良くならせる方法を
思いつきます。
計画は見事成功し赤鬼は人間と仲良くなりました。
喜ぶ赤鬼ですがふと気づきます「青鬼君はどうしているのか」と・・・
青鬼は自分と赤鬼が仲良くしていると人間達がまた赤鬼の元から去っていくと案じ
静かに村を出て行きます。
そのことを知った赤鬼は泣きながら叫ぶのでした 「青鬼くん ごめんね 青鬼く~ん!!」
しかし、青鬼は帰っては来ませんでした。』


声楽家の生の声は確かに素晴らしく始まったとたん鳥肌が立ちました。

そしてこのストーリー。

絵本を読んで知ってはいたのですがまたしても泣きました。

友達を思いやる青鬼の優しさに涙がつーーっっ(T-T)

子供たちも最初はざわついていたけれど、歌いだしたとたん静かに聴いていました。

子供向けのオペレッタですので途中一緒に歌ったり踊ったりを交えとても楽しい時間となりました。

なかなか声楽家の生の歌声を聞く機会なんてありませんから、子供たちにも何かを与えてくれたのではないでしょうか??
f0109919_2234341.jpg







「泣いた赤鬼」の絵本をまた引っ張り出して読みたいと思います。
[PR]
by priprim | 2007-10-18 20:19 | 子供

運動会

毎日、毎晩、毎朝・・・・一日中くだらん妄想で頭の中が萌え萌えしている母をしり目に
息子中トロが残暑厳しい9月 毎日泥だらけになりながら練習をしていた運動会の本番が昨日ありました。

前日まで毎日30度を越える真夏日が続いていたのに運動会当日は曇り空で肌寒いときた

しかし、暑くてぐったりするよりはぜんぜんまし!!

天気は曇っているけれど、なぜか皆さんほっとした顔で始まりました。

全体を通しての感想を言うと幼稚園の運動会は「親に見せる」と言う事が重要な雰囲気で

子供たちもやらされている感が漂っていたのに小学校は

「子供達の運動会」と言う事がメインで、それがつまらないと言われている方々もいましたが子供たちは楽しそうでした。

上級生達がすべて役割を決めてやってくれて一年生のトイレの世話から放送まで

「いやぁ子供って凄い」

と、思いました。

私が一番驚いたのが先生方・・・・

私が小学生だった昭和40年代には考えられないような「ゆるゆる」した雰囲気。

先生VS生徒のリレーでは先生達は「仮装」

教頭先生は「ハニカミ王子」に女の先生は「金髪」に・・・・

朝礼台の上でマイクを握っている先生は唐草模様の「全身タイツ」

子供たちも先生も親も楽しそうでした。

そうそう子供たちの競技やダンスの選曲もなかなかでしたわ

QUEENで縄跳びされた時にゃ

「うぉ~~マイクを貸せぇぇ!!朝礼台で歌わせろ~~!!」

と、ほえていた私でした(笑)

なにはともあれ中トロくんお疲れさんでした。

よう頑張った!!
[PR]
by priprim | 2007-09-30 16:59 | 子供

7歳です

今日は中トロ君の誕生日です。

元気に大きくなったことを感謝しています。

大人になったら何になる?

よく子供に聞く質問ですが、その時君は必ずこう答えます。

『大人になってから決める』

私達親は君の歩む道の隣に並んで、共に歩いていきます。

立派な人やお金持ちや偉い人になってほしいなんて思っていません。

ただひとつだけ私が願う事は

『君自身が幸せでいる』事です。


こんなお母さんを親に育ててくれているのは君です。

お母さんも君と共に成長していきたいと思っています。

7回目のお誕生日おめでとう。

これからもどうぞよろしく。
[PR]
by priprim | 2007-06-26 00:06 | 子供

きゃ~っ!!

駄菓子

私は生まれてから小学校1年生の夏まで大阪に住んでいました。

その当時大流行の団地で近所の同じ歳くらいの友達と遊びまわってたと思う。
・・・がそのあたりの記憶がもの凄くあいまいで、顔も名前も思い出せないような有様なのですが、凄く記憶に残っている物は「食べ物」

縁日や祭りやに行った記憶もすべて「食べ物」絡み(笑)

今こうして書きながら思い出しても「食べ物」絡みばかり(笑)

それはひとえに私が食いしんぼだからではないと思うのですが・・・・

その「食べ物」で大阪時代の思い出と言えば「駄菓子」
近所にあった駄菓子屋で食べたアメや、なんやら正体不明のヨーグルトやオレンジガムなんて今食べたら吐き出してしまうような味だけど、大好きだったしよく覚えてる。

そんな、駄菓子屋が我が家の近所にもあります。
本来は本屋なのですが、そこは漫画だけが置いてあって(その他の本は隣の店舗にある)漫画と駄菓子・・・そりゃあもう小学生の社交場と化しています。

先日中トロ君の学校では遠足がありました。
おやつはもちろん駄菓子屋で購入です(笑)
100円あれば3~5コは買えますからねお得な気分です。

昨日の事です。
私がスーパーで買い物をしている間に中トロ君は、駄菓子屋で、おやつを買って店先で食べていました。
買い物が済んで『行くよ~』と迎えに行くと、なんだかこのコいつもと違う・・・
あれれ?どうした??
なんと、唇が青い。
えっえっ?なに?
『お母さん見て』と舌をべろ~んと出したらば・・・

緑色!

豆酢さんの所で『緑色の髪の少年』ってのがあったけれど、目の前にいるのは『緑色の舌の少年』・・・・ぎょえ~っ!!

どうやら凄い色のラムネを食べたらしい。

合成着色料や添加物はよくないとは分かっていますし、できれば食べたくないとは思っています。

まして子供に食べさせるなんて・・・とも思います。

でも、私も食べてきた。

何十年も前の記憶でも駄菓子屋で食べたおやつは美味しくて楽しかった。

大人じゃなくて子供の記憶・・。

私はその思い出があることは嬉しいと思う。


・・・・・でも、あのラムネは『もう買うな』と釘をさしておきました。
[PR]
by priprim | 2007-05-25 23:41 | 子供

あらら・・(笑)

参観日

昨日さっそく中トロ君の小学校では参観日がありました。

f0109919_14474381.jpg

参観のお題は給食参観でした。
ただ給食を食べてる間見てるんですが、その食べ方と来たら笑うしかありません(汗)
昔と違ってプラスチックのお皿だし、先われスプーンは使っていないし牛乳も紙パックだし・・・
時は流れている事を実感しました(でも、パンの形は一緒)

メニューはパンにスパゲッティにチーズとブロッコリーそして牛乳。

今からマラソンに出るのか?と言うような炭水化物祭りの給食でした。

入学式の翌日から隣の席の子と喧嘩して帰ってきたりして
『大丈夫かいな?』と思っていたのですが見ている限り楽しそうにやっていてひと安心でした。



とにかく小学校は幼稚園と違って自由で毎日楽しくて仕方が無いようです。

小学生になって一番変わったのが"一人で遊びにいける"ようになった事。

幼稚園の間は遊びに行くのにも母親同伴でしたので、私の嫌いな人たちがいそうな場所には行けないし、私が忙しかったり気が向かなかったら(これがほとんど)行けなかったのですよ(すまんなぁ~中トロ~)

それがもう今は好きな時に遊びにいけると、本人も大喜びです。

今も帰ってきたのですが、話もそこそこで『遊びに行く!』と出て行きました。

学校帰りに約束してくるのですが、そこが一年生"ツメが甘い"。
先日も帰ってくるなり
『R君と遊ぶ約束したんやけどな、どこに行ったらええんかわからへんねん』
と、半べそ。
仕方なくR君に電話して確認する事に・・・
そして「4時50分になったら帰っておいでよ」と送り出したのです。

中トロ君には100円均一で買ったデジタルの"ROLEX"(笑)を持たせているのですが(まだアナログ時計が読めない)

『ボタンを押してたら何時か解らなくなった』とR君も一緒に4時前には帰って来ました。

しばらく家で遊んでいた訳ですが、良く見るとR君の腕にはアナログの腕時計があるではありませんか・・・

「R君はもう時計読めるの?凄いね」
と申しますと
『まだ、よう読まへんで』とのお答え(笑)

実に誰もが"ツメ"が甘いのでした。

今日も遊び疲れてへとへとになって帰って来るでしょうね。

お稽古事に行かせたり"~の会"みたいなのに参加しなくても子供は子供で遊ぶ方法を沢山見つけているのですね。

自分の子供の頃を思い出したりしながら子供の目線で物事を見ることが必要だなぁ~などと改めて考えさせられています。

しかし・・・ツメは甘いよ(笑)
[PR]
by priprim | 2007-04-20 14:44 | 子供