引っ越しました


by priprim
カレンダー

<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

引き出しはいっぱい

先日昔からの友人とメールをしていて、ガンズの話とかで盛り上がっていた時

「でも、そろそろ新しいネタも仕入れなあかんよな」

って話になった。

私はどうも昔話をよくするみたいだ。

「昔々あるところにもじゃもじゃ頭の田舎娘がいて、でも心はアメリカ人で・・・・」

そう自分の昔話。

こと音楽に関しては昔話しか出来なくなって来ている。

とはいえ最近のミュージシャンの情報はどこで集めるんだ?

ネット?

ラジオ?

昔はどうやって情報を集めていたっけ?ましてやあの田舎町で・・・・・

と思っている時に本屋で見つけたこの本
f0109919_1064482.jpg







「わが青春のロック黄金狂時代」

東郷かおる子著

この方の名前を聞いてピンと来る人は多いでしょう。

「ML」=ミュージックライフの元編集長。

MLといえば私のバイブル。

10代の私にとってはテレビよりも新聞よりもラジオよりも貴重な情報源だった。

そのミュージシャンの音よりも先に情報が入ってきてそこから「聴きたい」へ繋がって聴いたら

「良かった」『好きになった」

そんな状況にたまらなくわくわくしたものだ。

この本を読むと半分位は記事の内容を覚えている(MLのおかげでグラハム・ボネットとジョー・ストラマーは私には「いい人」としてインプットされている)

教科書の中身なんてちゃんと読んだ事も無いのに、このMLは広告ページまで熟読したように思う。

MLは女子向けだったようにも思う「まずビジュアルでカッコいいこと、その次に音楽」という紹介のされ方はしょっちゅうだったように思う。

ジャパンなんてその典型だった。

その思惑にしっかりちゃっかり飛び乗っていたのが当時の私。

そんなバンド、ミュージシャンがMLから沢山登場した。

「日本でブレイク」なんて言うとなぜか凄く嬉しかったりもした。

このMLからの流れで他の雑誌「音楽専科」や『INROCK』や「ROCKSHOW」などを読みまくった私もいつの間にか私はHM/HR専門誌「BURRN」だけを読むようになった。

その「BURRN」も立ち読みで済ませるようになったのだけど、MLも休刊した。

この本で東郷編集長(私はこう呼んでいた)が
「あの、ロック少女達は今何をしているのだろうか?昨今『おやじロックファン』が話題になるたび私は思うのだ」
と書いているのだけど・・・・・

「編集長っ!!おばさんロックファンは家でご飯作ったり子育てしたり、仕事したりしているけど健在やで!!」

と叫びたい。

現に私はここにいるし昔からの友人達も同じ。

昔話をするのはおじさんだけじゃないし、しっかり若い頃にロックを満喫してきたおばさん達だって父兄会に行ってちょっと話題をフルと「同志っ!!」と肩を抱き合える人が沢山いるはず。

編集長が書いてます。

「夢中だった『あの頃』を持っている人は幸せだ。今時々『あの頃』を引き出しから出して楽しむ余裕がある人はさらに幸せだ。そしてこうした幸せな人たちに愛され続けるロックも、また幸せだと思う。」

若い頃「お金を貯めろ」と母は言った。

お金は貯まらなかったけれど「心の貯金」なら満額で利子が沢山ついてきている。

幸せの価値観は人それぞれ違うだろう。

お金はあるにこした事は無い。

しかし『あの頃』を持てずにお金があったとしても私にはそれに幸せを感じる事は出来ないと思う。

『あの頃』を持っている方達に是非読んでいただきたいです。
[PR]
by priprim | 2007-10-30 11:04 |

トップリーグ開幕

神戸製鋼 VS NEC


いやはやいい季節になりましたねぇ~。

そうそう秋は過ごしやすいですねぇ・・・・・ではありません。

ラグビーシーズンがやってまいりました。

昨日は朝8時30分から11時30分まで息子のラグビースクールの練習があるし(県大会目前です)旦那は用事があるし・・・で花園へ行く事は諦めておりました。

が、旦那が「なんとしても昼までに用事を終わらせる」と申し出てくれましたので息子の練習が終わると皆さんに挨拶もそこそこに花園へ直行!!

目的は神戸製鋼とNECの試合。

トップリーグの初戦です。

花園へ着いたのはキックオフ30分前。

・・・・が、駐車場が空いていない!!しかたなく少し離れた場所まで駐車しに移動。

と、いうのも昨日は「東大阪健康まつり」とかって言うイベントをしていてステージでフラダンスを踊るおばちゃんがいたり屋台が出ていたりで物凄い人!!

そんでもってギリギリにグランドに入ると場所がないっ!!

仕方なく端っこの席に着席。

今年の神戸は練習試合を見る限り期待できなかったのよ。

去年も開幕戦では負けてるし・・・・・

などとマイナスイメージを抱いてみていたのですが・・・

すっすみませんっ!!

と、平謝りです。

ええ試合でした。

誰もが前へ前への勢いで、この方が仰っている↓
f0109919_1062869.jpg


「超攻撃的ラグビー」が見えたように思います。

シンビンで選手が抜けてもそんなこと感じない位全員が「前へ前へ」。

特にフォワードがねぇ・・・いいのですよ(T-T)

私はどちらかと言うとフォワードががんがん当たっていくラグビーがすきなのですが(ほら格闘技好きだから・・)がんがん当たる、投げる、吹き飛ばす。

面白かったなぁ~\(^^)/

そんでもってバックスもちゃんと抜けて走ってくれるし、実に面白い試合でした。

やはり神戸はやってくれますよ。

めちゃめちゃ期待を持って来週は京都へレッツラ・ゴーです!!

初公開「私の』ロイス・ウィルス選手。

f0109919_10161487.jpg


あなたのおかげです!!来週も頑張って!!

しっかし昨日は暑かったなぁ・・・・・また日に焼けた(涙)
[PR]
by priprim | 2007-10-29 10:19 | スポーツ

Rumble fish

この映画を観た時の私は高校生。

S・Eヒントンの原作を読んだ時も高校生。

「なんやよお解らんわ」といったような感想を覚えている

f0109919_12504599.jpg


S・E・ヒントンの小説は登場人物のほとんどが「兄弟」

親はいないか、どうしようもない飲んだくれやギャンブラー

決してお金持ちの家庭の問題じゃない街の隅で生きているような若者達が主人公。

明るい未来は約束されていないし、努力をする術もわからない。

そんな少年達の話は『頭からっぽのミーハー高校生』には理解しがたかったのかもしれない。

今思えば悩んでいるフリをしていただけかも知れない高校時代。

なにやら解らないけれど「とりあえず」の未来像は抱いていた様な気もする。

この映画の主人公マット・ディロン演じる(へたっぴな演技には目をつぶろう)

ラスティ・ジェームスはただ毎日喧嘩して酒飲んでブラブラして・・・・・といった

未来に希望も何もない少年。

憧れるのは数ヶ月前に姿を消した不良グループのリーダーだった兄の

ミッキー・ローク(このミッキー・ロークはいいねぇ~)演じるモーターサイクルボーイ。

そのモーターサイクル・ボーイが帰ってきた。

カリフォルニアへ行っていたモーターサイクル・ボーイは何か以前と違う・・・・

f0109919_1317369.jpg


「この闘魚だって広い場所に放してやれば闘わないさ」


憧れだった兄を失って初めてラスティは広い世界へと旅立っていく・・・・・・・・・・。

f0109919_13224024.jpg


目の前の狭い世界でしか物事を考えられない少年の成長物語なんていう言葉でくくるには

言葉が軽すぎるけれど、先日見た『ヘアスプレー』なんかよりずっと説得力のある

「希望」をもてる内容で、私この歳になってはじめてこの映画の意図する

事が理解できたような気がする。

「広い世界で見聞を広げて未来を切り開け」ヒントンの小説にでてくる少年達を取り巻く環境

などは今の日本ではピンと来ないと思う(私がそうだったように)ただいつの時代であれ

目を閉じていたら何も見えないし、耳をふさげは聞こえない。

目や耳は何のためについているのか?

脳みそは何を考えるべきか・・・?

常にひっかかっていないといけない・・・・のではないでしょうか。

f0109919_13291266.jpg


この映画・・・・・とにかく映像と音楽が凄くいいの!!

新藤兼人監督で音羽信子主演の『鬼婆』という怖い怖い映画同様(これについてはまたの機会に)

白黒画像と太鼓のどんどんどん・・・・・(スチュワート・コープランド最高!!)

くぐ~っと引き込まれていく・・・・。

高校生の頃の私はほんとに頭の中空っぽだったんで、そんなことも感じていないのです。

高校卒業してからウン十年、私も広い世界へ出てちょっとは知恵がついたのかしら・・・??
[PR]
by priprim | 2007-10-25 13:43 | 映画

ヘアスプレー

f0109919_1457767.jpg




「はい どうも~」  ♪パチパチパチ
f0109919_13554650.jpg



と、変装の必要があったのか??と思われるトラボルタさんが出てくるこの映画『ヘアスプレー』

前評判は色々です。

どうしようかと迷っていたら元バレエダンサーの友人が『元気になれるらしいで』と

妙な薬を勧めるように誘ってきたので行く事にしました。

私は何度も申しますがミュージカルが嫌い。

♪だって~だってぇぇ~~好きになれないんだぁもぉぉ~~ん みゅ~~じかるぅ~♪


なと゜と歌っていたら始まりました。

f0109919_1424048.jpg


いきなり「ぽっちゃり王女」目が覚めたとたん歌いだします。

♪おはよう~ぼるちもぉぉぉあぁぁ~~

私すでに引き気味です(汗)

ミュージカルはこんな物よと言われればそうなんですけど、私あの道を歩きながら

歌ったり踊ったりしている事が不思議です。

『人が見てるでしょうに!!』などと思うし曲が終わると"すっ"と普通の動きに戻るのが

『おいおいおいっ!!誰か突っ込め!!』なんてことも思う。

でも仕方ないこれがミュージカル。



映画はと言いますとね

 「幸せ君、幸せちゃん大集合だよ!!世の中全てハッピーどぅおええぇす!!」

 「世の中の差別も問題もなんとかなりまぁぁぁす!!」

と言うことを歌って踊って約2時間・・・・・・・おばちゃんもうウン十年生きているからさぁ

ここまで楽天的にはなられへんのよぅ~・・・・と、言うのが感想。

クリストファー・ウォーケンとトラボルタのダンスも頑張ってたけど・・・
f0109919_14175765.jpg

(ウォーケンのカッコいい映画が見たいっ!!どうしちゃったんだよぅこの人?)



最近元気ないから「ヘアスプレー」をみて元気になろう!!なんて思っている人に忠告します。

前の晩は早く寝て、朝ごはんはちゃんと食べて、準備体操をしっかりやってあれやってこれやってから見ましょう。

最近お疲れ気味のおばちゃんたちは帰りのトイレで二人ともため息つきながら申しました。

『元気すぎて付いていけんわ・・・・・はぁ・・・』

深く考えず歌とダンスとこの子↓
f0109919_14325415.jpg


が、見たい人には良いかもね(笑)バレエダンサーはこの子のことをお気に召されていた様子。

「あ~この映画是非アクセル様と一緒に見てみたいわぁ~ 何を壊すかしら??うひひ」

と思っていたのが私。

素直じゃない人と素直すぎる人にはきっついで~~す!!この映画(^^)v
[PR]
by priprim | 2007-10-23 14:51 | 映画

Rolling Stoneと昨夜の夢

先日の朝、友人から写メが届きました。

「立ち読みせなあかんで!!」との注釈入りの写真はこれ

f0109919_833225.jpg



今発売中のRolling Stone誌の日本版です。

いつもは私も立ち読みで終わっているのですが、今月号はまだ「美しい頃」のアクセル様が「買うて」と見つめていらっしゃるので思わずレジに進んでしまったのです。

内容はまあロックな雑誌ですので面白いです。

私は時々プレイボーイなんかも立ち読みするのですが、男子の雑誌はおっちゃん向けであって

もロックな魂が燃えている気配を感じるので

ブランド物や「こんな暮らしできるか!ボケっ!!」と思わせるような『うらやましい』を凝縮したような女子向け雑誌よりはるかに楽しいです。

今月のRolling Stoneは「ロックな映画」の特集もあり、なかなか読み応えあります。

と、雑誌の紹介はそこそこに私が昨夜見た夢の話をさせてください!!

まあ、人の夢の話ほどつまらない話はないのですが、どうしてもしたいっ!!

だからさせてっ!!

聞いてっ!!

お願いっ!!

・・・・・・はぁ、はぁ。

実はですね昨夜の私の夢には「美しい頃」のアクセル様が出てきたのですわ。

「美しい頃」ってのが重要なポイントです。

『・・・・・・場所はライブ会場。

ガンズのライブを見ている私・・・・すると

「美しい頃」のアクセル様がステージから降りてきて私の前に立ち、

「美しい頃」のアクセル様が濃厚なチュウをしてきて

「美しい頃」のアクセル様が「ライブの後、○○○クしようぜ!!」と誘ってきたのですわ(爆)

f0109919_8575222.jpg


まだ「美しい頃」のアクセル様でしたから頭には赤いバンダナでアクセル巻き、体は細くてとっても素敵。

無言で「OK」の返事をしていたワタシ・・・。』

・・・・・・と、ここで目が覚めた(先日見たABsのリッチー・マコウとの夢ではコレの続きが見れた)

夢とはいえ「美しい頃」のアクセル様にチュウされてなんか嬉しい週末のスタートです。

今のアクセル様なら複雑な気分・・・・でも好きっ!!

ご清聴有難うございました・・・・ ぺこり。←バカ
[PR]
by priprim | 2007-10-20 09:16 |
今日は息子中トロの小学校の「学校開放デー」でした。

「学校開放デー」って何?と思われるでしょう?

私が学生の間には聞かなかった言葉です。

まあ言えば「一日中いつ来てもいい参観日」です。

朝から下校まで先生大変ですよね(笑)子供も落ち着かないし・・・

入学してすぐの参観日も夏休み明けにあった参観日も「コレで大丈夫??」と思わせるくらい
授業中に歩き回るしお茶飲んだり「すわっ?!学級崩壊?!!」ってな雰囲気でしたが、
小学校生活も半年以上経つと子供たちも成長したのでしょうね、静かに座って授業を受けていました。

しかし、まあ中トロ君「どりゃっ!!ちゃんとせんかいなっ!!」と私に窓越しに怒鳴られていましたけど・・・(笑)

授業を見学した後は全校生徒と見たい父兄だけでオペレッタ「泣いた赤鬼」を観劇しました。

教育委員会が主催している会で『移動芸術鑑賞会」として行われ地元で活躍する音楽家たちのオペレッタです。

実は私ミュージカルが苦手でしてオペレッタも・・・と帰ろうとしていたら
元バレエダンサーの友人が「見ようや~~」って言うんで仕方なく見ました。

演目は「泣いた赤鬼」

ストーリー

『人間と仲良くなりたかった赤鬼が親友の青鬼に相談します。
青鬼は自分が悪者になり村を襲いそこで赤鬼に村人を助けさせ人間と仲良くならせる方法を
思いつきます。
計画は見事成功し赤鬼は人間と仲良くなりました。
喜ぶ赤鬼ですがふと気づきます「青鬼君はどうしているのか」と・・・
青鬼は自分と赤鬼が仲良くしていると人間達がまた赤鬼の元から去っていくと案じ
静かに村を出て行きます。
そのことを知った赤鬼は泣きながら叫ぶのでした 「青鬼くん ごめんね 青鬼く~ん!!」
しかし、青鬼は帰っては来ませんでした。』


声楽家の生の声は確かに素晴らしく始まったとたん鳥肌が立ちました。

そしてこのストーリー。

絵本を読んで知ってはいたのですがまたしても泣きました。

友達を思いやる青鬼の優しさに涙がつーーっっ(T-T)

子供たちも最初はざわついていたけれど、歌いだしたとたん静かに聴いていました。

子供向けのオペレッタですので途中一緒に歌ったり踊ったりを交えとても楽しい時間となりました。

なかなか声楽家の生の歌声を聞く機会なんてありませんから、子供たちにも何かを与えてくれたのではないでしょうか??
f0109919_2234341.jpg







「泣いた赤鬼」の絵本をまた引っ張り出して読みたいと思います。
[PR]
by priprim | 2007-10-18 20:19 | 子供

オリーブ

f0109919_13233592.jpg

今の時期街角に植えてあるオリーブの木にたわわに実っていますねオリーブの実。

私大好きなんです。

オリーブの実の塩漬け

中にアンチョビが詰まっていたり赤唐辛子の詰まっている物などスーパーでも見かけます。

お料理に使ったり、ワインのお供にしたりと楽しみ方は色々ですが、私はそのままポリポリ

食べます。

旦那さんはこういった類のものを食べないので、デパ地下で量り売りをしているところで100グラム程買ってきては一人でポリポリ・・・

実に美味しい(^^)

なぜこのような話をするかと申しますと今朝友人とウォーキングに出かけました。

友人が「この前ここでおじさんが袋にいっぱい実を採ってたで」

ウォーキングコースの途中にあるオリーブの木に生っていた実を指差しました。

「どれどれ・・」

と木の下に行ってみると・・・・

ぶらぶら~~と生っていました。

そこで私と友人20個ずつ位摘んで来ました。

塩漬けを作ってみようと思うのですがどうかなぁ??

もし成功したら来年の春はオリーブの木を買うぞ!!と目論んでいるのですが・・・・

さすがに公園に生えている木の実を採って来るのには抵抗があるので



あっそうそう実を摘んでいる時には勿論あの曲を口ずさんでいましたよ

ちゃらららら・ら~♪ちゃらららら・らーらー♪

鳩は出ませんでしたけど・・・・(笑)
[PR]
by priprim | 2007-10-16 13:50 | 雑記

ローグアサシン

f0109919_13351770.jpg




なぜか7月の半ばから映画館に行くのが面倒で(見たいものが無かったのと中トロの夏休みだったから)ずっとご無沙汰していた映画館。

今日も朝から「行こう」「やめよう」を3度ほど繰り返し、これじゃあいかんと!!
と出かけたのが「三宮シネフェニックス」神戸の繁華街三宮のど真ん中にあります。

初めて行きました。

座席は自由席です。

椅子はギィギィ鳴ります。

なんとも懐かしい雰囲気の映画館にニヤニヤしながら入った私が見てきたのが

我が愛する「セクシー・マッチョ・ハゲ(褒めてる)」ジェイスン・スティサムが出ている

「ローグアサシン」

f0109919_13431686.jpg


え~っとストーリーやらには私何も申しません。

「仁義なき戦い・・爆闘米国編」といったような作品です。

「ローグお前は誰なんだ??」って番宣でしたが、見る前から分かっちゃってたし(笑)

いつも私にけちょんけちょんに貶される小動物のようなジェット・リーもミステリアスな東洋人のキャラクターはぴったり会ってたみたいだし何も申しません。

ただ・・・ただ一言・・・

欧米人の皆様・・・もう日本には映画村か忍者村にしか忍者はいませんからっ!!!

もうねぇ・・・コメディなんですよ。

チャイニーズ○フィアとジャパニーズ○クザが乱闘をする店の名前が「白湯茶房」・・・

白湯って・・・湯冷まし??腹壊した時に飲むあれ??

んで、その店の壁には
 「弱肉強食」  「下手の横好き」 
なんて書いてある掛け軸(?)がつるしてあるのですわ。

私この「下手の横好き」ってのがツボに入ってしまい、スクリーンの手前ではジェット・リーやジェイスンやらが血まみれでえらい事になってるのにその後ろの壁には
 「下手の横好き」 ・・・ぷぷぷ
もう我慢できないっ!!とばかりに大爆笑!!

そして石橋凌演じるヤクザの組長「柳川シロー」がアメリカで経営する自動車屋(?)の天井からも 「柳川」 って大きな垂れ幕が下がりその横には解読不明の漢字の垂れ幕。

ストーリーもジェイスンもそっちのけで「変な日本語探し」をしてしまいました。
f0109919_146162.jpg


横綱白鵬いやデボン・青木が演じる柳川組長の娘「キラ」もなんやよう分からんねぇちゃんで

「立派な姉御になりますっ!!」

なんて事を申したりして、私をまた笑かしてくれるし・・・

ファイトー一発!!のケイン・コスギもなんやら耳ちょん切られたり、ブルース・リーの真似(?)なんてしているし・・・

ジェット・リーも整形するんやったらこの顔じゃなくてトニー・レオンとかアンディ・ラウとかもっと綺麗な顔にせんのかいな?!と突っ込ましてくれるし・・

整形したジェット・リーより整形したみたいな顔をしているジョン・ローンだとか、とにかくツッコミどころ笑いどころ満載の作品に仕上がっています。

「アドレナリン」もたいがいのお馬鹿映画でしたけど、これもかなりの「お馬鹿」です。

この映画見て『ニホン 二 アコガレマシタ』なんて言う欧米人がいませんように・・・・

・・・・・・と、ここでは終われません。

そうです!!ジェイスンこの作品で日本語を話します。

同志dim子さんに「会長!!解読して!!」と言われていましたのでよぉ~~~く聞き耳を立てました。

ジェイスンは劇中申します「日本人街の管轄なら日本語ぐらい喋れ!!」と・・・

ワタシはジェイスンに申します「喋るんならちゃんと喋れ!!」

そうなんです。何を言っているのかさっぱりです。

でも、聞き取れたのがこの言葉


 「お医者さんごっこをしよう」

どっしぇぇぇぇぇ~~~~!!

ジッジェイスンっ!!

するわっ!!

ここでする??

脱ぐ??

どうする??

などと、妄想列車は爆走!!ポッポー!!

ひとり映画館でもじもじしていた、ぷりぷりでした←バカ
[PR]
by priprim | 2007-10-11 14:36 | 映画

期待どうり(笑)

秋の夜長ですねぇ~

今、白ワインをちびちび舐めながら豆酢さんの所をのぞいたら楽しげな事をしていたので勝手にいただいてきました

以前やった私の脳内メーカーは「悪とH」しか考えていないような極悪な人でしたので汚名挽回に・・・とこれをやってみた。


「脳内イメージメーカー」


素晴らしいですねぇ映画のことしか考えてないみたいですね(笑)
犬も欲しいですねぇ~
酒も飲みたいみたいですねぇ・・
弱くなりましたからねぇ~

はっ!!
死にたいって・・・・困りましたね、こりゃ。

私の脳内は分かりましたので体内はどうじゃ??

おりゃっ!!



ありゃりゃ終わってますね(笑)

肺は血で染まり、胃は辛い。

大腸は痛いし小腸は紫で病でどこか欠落したみたいです。

膀胱は・・・・菌・・・菌保持者??

肝臓だけが若いっていうのもどうよ??

結論を申せば私はいやぷりぷりさんは「人間として腐っている」ようです。

酒と映画があればいいみたいですねぇ。



う~~~ん素晴らしいっ!!

このHN最高っ!!

私自身も裏を返せば・・・・・うひひひ

あっでもね「にゃんにゃんメーカー」ってのありまして「ぷりぷり」がネコになるとこんなに・・・

f0109919_22234825.jpg


きゃわいいニャンコになりますぅ~

でも腹の中も頭の中も黒いですよ・・・にゃお~ん
[PR]
by priprim | 2007-10-10 22:02 | 雑記
もう10月ですね。

私はまだTシャツで過ごしていますが、そろそろ衣替えをしないことにはこの時期着る物がありません。

いつも思う。

「春と秋は何を着ていたのか??」と。

今朝、朝刊を読んでいたら箪笥の中の虫干しをしていらない服を処分しましょう。

てな記事があったので天気もいい事だし早速やってみた・・・・・

出てきた出てきた15年ほど前のコートやらジャケット。

いつか着るだろうと思っているスカートにワンピース。

ええ~~~いっ!!

と全て古着屋へもって行きました。

で、ここからが今日の本題(また前置きが超長い)

私は結婚して8年。

この8年間家計簿とやらをちゃんと付けれた事が無い。

この時期書店の店頭に並ぶでしょ?家計簿。

いつも買うのです。

「コレならば続きそう」と思って・・・・でも続きません。

続いても集計しないので意味ないし・・・・

どうすれば続くのでしょう??

持続力のない私の性分を直すべきって??

そりゃごもっとも!!
[PR]
by priprim | 2007-10-10 12:36 | 雑記