引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

突然ですが

ブログのお引越しをいたしました。

以前から色々思う事がございまして・・・・

この場所はとりあえず置いておくことにしていますが、どうしましょう?

リンクを貼っていただいている皆様にはひと手間掛けていただくようになりますが

どうか今後ともよろしくお願いします。

お引越し先はこちらです→http://blog.goo.ne.jp/priprinm/

                                      ぷりぷり
[PR]
by priprim | 2008-04-25 21:28 | ごあいさつ

子育て中

ああ~猫が欲しい。

ああ~犬と暮らしたい。

と、言い続けて何年もたちますがなかなか旦那さんのOKが出ない。

彼は農家の息子なので子供の頃牛と山羊が家にいたらしい。

それは『家畜』なのでペットではなかった。

ワタシの実家はサラリーマンだったので家には『犬』『猫』とペットがいて子供の頃から犬や猫と共に暮らすことには違和感もなく育ってきた。

その違いだろうか?

『コレ』と言った理由もなく拒まれる。

上に書いたような事が理由なら犬も猫も飼っている義姉さんの家は旦那にとって『?』なんでしょうけれど・・・・

そんな旦那さんも『金魚』はOKでかいがいしく世話をしている。

そこで息子は交渉した。

『犬も猫も駄目なら鳥飼って!!』

そしてそれは見事に成功し我が家には3年前から↓この子がいる。
f0109919_15295487.jpg


セキセイインコの『ココちゃん』です。
一応手乗りでなついています。
セキセイインコは言葉を教えると話すらしく必死で教えましたが、ココちゃんには言葉の才能がありませんでした。

そして先日またしてもこの子↓が・・・・
f0109919_1533887.jpg


ただ今手から餌を食べさせています。
それも離乳食もどき・・・またしても子育てです。

ちなみに名前は『ピンちゃん』

息子が命名しましたがピン子のファンだったんだろうか??
[PR]
by priprim | 2008-04-22 15:39 | 雑記

近況報告

ああ・・・・

もうすぐ・・・・

ゴールデンウィィィークですね。

と、毎年ブルーになる日が近づいてきましたが今年は旦那さんがずーーーーーっと仕事なんだそうで『帰省』も無し『行楽』も無し息子と二人でのんびり出来る~~!!と喜んでおります。

さて、ワタシの近況ですが先日ラジオの懸賞に当たりまして↓のようなステキなものをいただきました。
f0109919_130178.jpg



ワタシ(私たち母子)のお気に入りバンドThe Hoosiersの携帯ストラップです。

このバンドについてはptd様のブログ『ORGANIC STONE』で詳しい事が分かりますので
詳しい事は端折りますが←紹介しろよっ!!
ワタシはこのバンドの底知れぬ底力を(どこが底でしょうか?)感じます。
どうも一発屋で終わってしまいそうなキャッチーなメロディですがアルバム通して聴くとなんのなんのこんな風貌のくせにちゃんと計算されていて彼らの音楽性の高さを感じずにはいられません。
f0109919_1392197.jpg

        (しかしこの服はどこで買うんでしょうね?ハロウィンの残り??)
ただ今携帯の待ち受け画面がダウンロードできます。携帯の検索でfm cocoloと入れてみてください。可愛い待ちうけですよ~。

と、ストラップが当たってうひゃうひゃ友達に報告したらその友達は以前

『チャン・ドンゴンと握手できる』というファンのオバサマ連中が気絶しそうなのとか

『ラスベガス旅行』

などに当選したことが発覚。

でも当人曰く『チャン・ドンゴンはファンでもなにでもなかったから友達にあげたし、ラスベガスも妊娠中で行けなかったから宝くじに当たりたぁ~い』のだそうな・・・・・・

手元の黄色いストラップを握りながら

♪こつこつこつこつこ・・・・つとちいさな幸せを握り締めているのでありました(笑)
[PR]
by priprim | 2008-04-21 13:26 | 雑記
f0109919_1435919.jpg




ワタシが初めて見たウォン・カーウァイの監督作品は『恋する惑星』

そして最後に見たのは『ブエノスアイレス』

『花様年華』と『2046』はちょうど子育ての真っ最中で劇場に行けずなぜかDVDになってからも見ていない。

そんな久しぶりのカーウァイ作品・・・・・・・・・

始まった途端・・・・・

あぁ~これこれ。

この感じぃ・・・・

と、幸せな気分になってしまいました。

この監督の映画には『竹を割ったような性格』の人と『思い出を引きずらない人』は出てこない。

いつまでもうじうじ悩み、ふてくされて自暴自棄になって・・・・・

そんな人の弱さと悲しさを見せながら、ラストではなぜだかニヤリと希望を持たす。

またしてもこのパターンにワタシはメロメロになる。

f0109919_14453957.jpg


そしてまたもや出てくる男性達にも腰砕けにさせられる。

『恋する~』のトニー・レオン。
今回のジュード・ロウ。

トニーがフェイ・ウォンの足をマッサージしてあげるシーン。
ジュードがノラ・ジョーンズの頭を撫でてあげるシーン。

駄目です。
そんな事されちゃあ・・・・

いつもは下品な事ばっかり言ってガハガハ笑っている私の中の『女の子』が芽生えてきます。
一人で意味もなく『いゃ~ん』などともじもじしてしまうではありませんか。

何年たってもなんだかあか抜けないこの人のどこにあのセンスが隠れているんだ?と思わせる風貌のカーウァイ監督・・・・

f0109919_1457530.jpg


またあなたの作品に出会えて幸せでした。

幸せなのでブルーベリーパイを一口・・・・・

と、いいたい所ですがブルーベリーの乗ったものが見つからなかったのでこちらで・・・↓

f0109919_1459552.jpg

            甘くて美味しい『モチクリーム』絶品です。
[PR]
by priprim | 2008-04-16 15:03 | 映画

悲しみが乾くまで

f0109919_144462.jpg



突然 夫を事故で無くした妻。
夫の親友の昔は有能な弁護士であった男は今はヘロイン中毒。
最愛の者を無くした二人の喪失と再生の物語・・・・・・


突然愛する人を失ったらどうなるだろう・・・・
たまに想像してしまう時がある。
でも、それは想像をはるかに超える事でどうにも思い浮かばない。

夫を失った妻オードリーは普段と同じように過ごしている。
床を磨き子供のおもちゃを片付ける。
ただ、夜ひとりになったベッドでは眠れない。

親友がヘロイン中毒になったらどうするだろう。
他の人が見捨てていくのを知りながら自分も見捨ててしまうだろうか?

そんな事をしなかった夫。
彼らの友情はとても厚いものだったのだろう。

突然、親友を失ったらどうするだろう・・・・

突然、愛するものを失ったら・・・・・



細かい事はとても詳細に表現されているこの作品。
現実を素直に受け入れられないとか、受け入れてしまった時にどうなるかとか・・・・

だけどもそれらの細かい部分が上手く繋ぎ合わされていないから、全体につじつまが合わなくて『えっ何で?』と思ってしまう。

なぜ、今まで拒絶していた夫の親友を家に住まわせたのかとかも不明で
あれなら『寂しいから来てよ』と呼んでおいて突然『やっぱり出て行ってよ』と突然言い出す
勝手女ハル・ベリーに『はい・・・』と素直に出て行くあかんたれデルトロという構図が出来上がり
『なんとか言うたれよ!!デルトロ!!』と怒りさえ覚えてしまう。
f0109919_15514671.jpg

チョコバーを食べるデルトロさん・・・・ただ今トリップ中・・・

出ている役者の演技が細かければ細かいほど、ストーリー上の細かい部分が抜け落ちて全体的にまとまりのない作品になってしまっているような・・・・・

とても残念ですよ。

デルトロちゃんは白目剥いて熱演してくれてるし、ハル・ベリーも頑張ってたのにあれは・・・

でも、まあデルトロファンのワタシには子供と遊ぶ姿に萌え~(#^^#)となったんでソレだけが救いか・・・・・

f0109919_15435176.jpg


短パン姿が可愛かったです。欧米人はふくらはぎに筋肉がつきにくいらしく、とても細い。
ソコがまた好き・・・・・(爆)
[PR]
by priprim | 2008-04-15 15:07 | 映画

ブラックサイト

f0109919_14504041.jpg



今日から小学校も給食が始まりました。

ワタシもこれで心置きなく映画を見に行けます。

と、いうわけで早速見てきました。

ネット犯罪を取り締まるFBI捜査官のジェニファーのもとに舞い込んできた有害サイト・・・・
それは、猫をネズミ捕りの罠にかけ死んでいく様をライブ映像で流しているというもの。
それはやがて人間に代わり、残忍な方法へと変わっていく。
しかも、閲覧者が増える事に比例して死ぬ速度は速くなる・・・・・


先日香港の俳優エディソン・チャンの猥褻画像がネット上に流出し、その画像に写っていた女優さんたちは涙の謝罪、当のエディソンは芸能生活引退というような騒ぎがありました。
この事件は他人が勝手にエディソンのPCにあった画像を流出させたもので犯罪なので見るな!と香港警察は呼びかけたけれど、大人から子供までその画像を見たと言う。

実はワタシもその一人。

『見たかった』のではなくて『知りたかった』のです。
いったい何が起こっているの?
なに?なに?・・・・・・・

この映画ではそんな殺人サイトを見るのが限られた人だけではなく、ワタシでも好奇心から見てしまうかも?という可能性を警告している。

PCなんてまったく触らなかった頃に比べると少しは知恵が付いたとは言えまだ解らない事だらけですが、このPCという物はワタシなんかの想像をはるかに超えた事をやってしまっている。

便利でコレさえあれば困らないようになってきたけれど、逆にコレさえあれば何でも出来てしまう。

怖い機械です・・・・・
f0109919_17245532.jpg


さて、この映画の主演のダイアン・レイン

いい感じで歳をとりました。

ハリウッドの皆さんはほとんどがお顔をいじられていて、しわを伸ばして後ろから引っ張られた様な顔になった○ド●ナさんとか誰だかわからないような顔になってしまったバンテラスさんの奥さんとかがいますけれど、ダイアン・レインはしわも隠さず「だって40過ぎてますがな」と言う顔で出てくれて10代の頃から知っている私にとっては共に歳をとった同級生のような存在です。

あの映画でこんな事していたり↓
f0109919_172354100.jpg


あの映画ではあんな事していたり↓
f0109919_17244047.jpg

  この映画好きだわ~ブラウス屋さん・・・んふふ

でも、若い頃からの友達がいつまでたっても「○○ちゃん」と呼び合うように私にとっては
皺があっても老けてても、いつまでもこのまんま↓のダイアン・レインです。
f0109919_17294097.jpg

[PR]
by priprim | 2008-04-14 15:02 | 映画

サイレンサー

f0109919_854304.jpg



末期がんに侵された殺し屋ローズとその相棒であり恋人でもあるマイキー。
最後の仕事と引き受けたのは、殺し屋のボスであるクレイトンからの依頼である
『自分の妻を殺す事』
だがその妻は妊婦であり、殺しに来たローズの目の前で破水してしまう。
そこでローズは殺し屋として一番のタブーを冒してしまう・・・・・


ヘレン・ミレンが殺し屋・・・・それはかっこいいに違いない。

そう思った私がお馬鹿さんでした。

それは、ヘレン・ミレンのせいではなくこの映画に出てくる女性全員に通じるもので
クレイトンの妻、クレイトンの妻の友人、医者の彼女・・・どの女にも「かっこよさ」も「かわいさ」も感じない。

無責任で男に頼りすぎていて自分では何も行動を起こさない。
私の一番嫌いな女たちがぞろぞろ出てくる・・・・
『ケッ!!』と何度思った事か。

キューバ・グッティング・Jr演じるマイキーが、この映画の唯一の光とでもいいましょうか?

寡黙な感情もなにもない男マイキー。
全ての依頼は「君の言うとおりに・・・」と引き受けて来た男がクレイトンの息子によって感情が生まれてきて自分の感情で行動できるようになる・・・
キューバ・グッティング・Jrが硬そうなぷりりっとしたお尻を何度も見せてくれ、感情のないマイキーと言う男を見事に演じている。
なのに・・・なのに・・・全てにツメの甘いこの作品ではそれが上手く生かされていない。

もっともっと人物を掘り下げてマイキーという人物にだけでももっと細やかに表現できていたならばこの映画はもう少しマシなものになったのかも?



ラストシーンも「そりゃないでしょ」というもので、この監督は何がやりたくて何が見せたかったのだろう・・??と考え込んでしまった。

まあ、この監督はゲイなんだそうで私には嬉しい位マッチョな男性達の裸が出てきてくれて
『あの筋肉を鍛えるには何をしているんだろう??』と違う所で喜んでしまったのだけど。

ところで殺し屋のボス クレイトンを演じたスティーブン・ドーフですが

f0109919_92914.jpg


ワタシずーっとこの人↑がこの人↓に見えてしまって・・・・

f0109919_9303640.jpg


めちゃくちゃな事をする(ホントにめちゃくちゃな人格)クレイトンを見ながら

「アクセル?アクセルちゃうよね?えっでもアクセル?」

などと妙に動揺していたワタシなのですが、この人も当然のように裸で出てきてくれるのです。

その裸を見て・・・・・
f0109919_1423221.jpg



『あっ・・・・ちゃうわ』と納得したのでした(笑)
[PR]
by priprim | 2008-04-14 09:43 | 映画

あれでええの?

ああ・・・・・

新学期は始まったけれど、なんだかずーっと中トロの相手をしているぷりぷりです。

今日も朝から(旦那さんは今忙しくて休みなし)『暇や~』と言われいささかキレ気味になったワタシなので、カラオケに行く事にしました。

『歌う前にはまず腹ごしらえでしょう』

と、今日も昼食は外で食べたのだけど(作れよワタシ)そこで見た光景が気になりまして・・・・

このお人形ご存知?
f0109919_17155575.jpg



何年か前デパートのおもちゃ売り場でなにやらイベントの準備をしていて、ワタシはすっかり子供向けのキャラクターショーでもするのかと思っておりました。

でも、その会場には子供が一人もいない。

いるのはオバちゃん、あるいはお婆ちゃん。

そうこうしていると司会の人が出てきて

『こんにちわ~』

と挨拶すると、みんなが膝に乗せた↑の人形の手をふって『こんにちわ~』と挨拶をしていて
ワタシは、世の中にはワタシの知らない世界が無数にあるな・・・・・

と、やや引き気味にその場を後にしてきたのですが・・・・

実は今日お昼ごはんを食べた店の後ろのテーブルにいた老夫婦が↑の人形を連れてきました。

後ろのテーブルなのでずっと見ていたわけではないのですが、ドリンクバーに飲み物を取りに行き戻ってきた時にその老夫婦の奥さんの方を見ましたら・・・・・

大事そうに↑の人形を抱っこして・・・・

まるで赤ちゃんにするように・・・・

↑の人形の口にご飯を与えていたのですよ・・・・・

ワタシも女子ですから子供の頃にはそのような事をした覚えもあります。

が・・・・・

しかし・・・・

お婆ちゃん・・・・・

お爺ちゃんも一緒に来ていて・・・・

しかも満席に近いファミレスのテーブルで・・・・

ソレ・・・・・・・

ええの???

気がつくとその老夫婦のテーブルの周りの人みんなが二人をじーっと見ている。

ワタシはなんだか薄ら怖くなりさっさと店を出ましたが、食べる事に必死でその老夫婦に気がついていなかった息子にそのことを話すと

『え~っ!!そんでその人形ご飯食べたん!!??』

と、驚いていましたが人形はご飯食べないしぃ~

食べたら怖いしぃ~

カラオケでQUEENを熱唱してもあの老夫婦の日常が気になって仕方ないワタシです・・・・。
[PR]
by priprim | 2008-04-12 17:35 | 雑記

食育? 食行く?

『ウチの子は食が細いのよ~』

『ちっとも食べないのよ~』

などという言葉・・・・・

一度でいいから言ってみたい。

と、いうのもウチの息子同じ年代のお子様連れ同士で食事に行くとたいてい笑われます。

『見事な食べっぷりやなぁ~』

たいていの人は驚きます。

『ウチのコってやっぱりお母さんが大食いだから、大食い家系なのかしら・??』
『ワタシのような体型にはなってもらったら困るのようッ!!』

と、母は日々葛藤しています。

f0109919_232048.jpg

      ♪ランラン ルーと歌い大道芸も披露してくれるドナルドさん
葛藤しながらも今日のお昼にはマクドナルドへ行きました←葛藤の意味が分かっていない。

まだ小学校も高校も幼稚園も給食やお弁当が始まっていないので、マクドナルドは今日もいっぱいです。

息子は以前から『メガマックが食べたい!!』と申していましたが『あれは子供の食べるものじゃないのよっ!!』と、ハッピーセットのチーズバーガーを買い与え食べておりました。

すると、近所の3年生の男子達が5~6人やって来ました。
みんなトレーには・・・・『メガマック』が乗っています。

息子は『むうっ!!』とそちらを指差し『子供も食べてるやん!!』と怒っています。

ワタシはしばらく3年生達を観察していました。

そしたらね・・・・

絶対カロリー取りすぎだし・・・・

脂肪分なんてえらいほどあるし・・・・・(ダイエット中なのでその辺にうるさい今のワタシ)

絶対身体によくないのは解っているんだけど・・・・

そのコ達の食べっぷりが・・・・

気持ちいいのよっ!!

もともと食べる事も食べ物を作る事も好きなものですから、美味しそうに食べる人を見ると幸せな気分になるんですねぇ・・・

しかし、メガマックはいかんっ!!

これからはおにぎりを食べなさいっ少年達!!

ワタシも面倒がらずに昼食を作りなさいっ!!
[PR]
by priprim | 2008-04-11 23:04 | 子供

はははは・・・

やっと新学期が始まりました。

でもまだ給食が始まらないので昼前には帰ってきます。

見たい映画が沢山あるのですが来週まで我慢します。

でも、明日で終わっちゃいそうな『マイ・ブルーベリーナイツ』に危機感を感じています。



突然ですが、昨日スーパーのレジに並んでおりました。

なにやら背中にぞぞぞと悪寒を感じちらりと振り向きましたら・・・・・


f0109919_10223668.jpg




こんな人・・・・いえこんな髪型のおじさんが立っていました。

きっとその人職場や仲間内から『ノーカントリー』とかって呼ばれているのではないでしょうか・・・

しかし、怖かった。←何もされてないのに失礼なおばさんだ。





で、怖かったといえばワタクシ・・・・

この冬ホントに外へ出なかったのですよ。

参観日などで仕方なく出かけましたら知り合いの人たちに「引っ越したのかと思っていた」と言われるほど姿をくらましておりました。

そんな暮らしをしていたせいでしょう。

身体のあちこちが柔らかい・・・・

ふくらはぎなんてぶるんぶるんしている・・・・

コレじゃあいかんなぁ・・・・・

と、体重を量りましたら・・・・

ふっ・・・増えている
ええ、誰のせいでもありません。

そうさオイラが悪いのさ~♪

などと気楽に歌っている場合でもないくらいです。

と、いうわけで巷で噂の本なんて読んでみました。

f0109919_10323319.jpg


一年間で50Kg痩せたという筆者の体験が綴られております。

・・・・・が、途中でリタイヤ。

なぜって?

・・・・・・・くどい。

早口で自分の知っている事をまくし立てられているような気分になってしまって疲れてくる。

とにかく「あ~この人オタクだわ~」と思わせる文章についていけなかったのです。
べつにオタクの人が嫌いだとかという訳ではありません。
が、読んでいて気持ちが悪いんですねぇ・・・・なぜでしょう?

確かにこの人の行なったダイエット法は基本中の基本です。
「自分の食べている量を把握して、ちゃんとカロリー計算して食べましょう」
ということなんですが・・・・

「そんな事ようよう分かっておりますがな」と自信満々の顔でテレビなんかに出ている筆者を見て呟いておりますが、この人 人前で裸にはなれないでしょうねぇ・・・
だって一年で50Kg落ちたってことはかなりの皮が余っているということでしょうから・・・・

そんな事痩せてから言えよと言われそうですが、万年ダイエッターの私痩せる方法なら沢山知っています。

『食べずに動く』

これが一番です。

でも、これは食べれば戻ります。

戻る以上の事態になります。

もっといい方法はないか・・・?と書店のダイエットコーナーではなくスポーツコーナーで物色していた時に見つけたのがこの本。
f0109919_10471859.jpg


東大の教授でボディビルダーの人が書いた本なのですが、これがまた基本中の基本。

「筋肉量を増やして代謝を上げましょう」

と、いうことが書いてある。

筋肉大好きなワタシには非常に興味深い。

人間40歳を過ぎると途端に代謝が悪くなるらしい。

確かに以前と変わらない生活をしているのに体が緩んできたのは事実・・・・

これではいかんっ!!なんとかせねば!!

と思いながらもなかなか実行に移せないワタシなので、何か目の前にニンジンをぶら下げないといけません。

と、いうわけで秘密のブログを開設予定中。

ダイエットに成功したあかつきにはコチラに公表しようと思います。

まずは・・・・
f0109919_10582451.jpg


こんなものとか買っちゃう?

いやいや、ワタシには去年買ったアレがあるでしょ?

f0109919_1104129.jpg

[PR]
by priprim | 2008-04-10 11:10 | 雑記