引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ワタシは下品の権化です

麗らかな春がやって来ましたね。

冬の間もぼ~っとしているワタシの頭は暖かくなってぼ~っと加減が倍増しました。

そんなワタシですが先日DVDを借りようと出かけました。

そのレンタルショップは本屋さんが経営しているので『貸し漫画本』というコーナーもあります。

普段漫画は読みませんが買ってまで読まないだけで「読め」と出されたら勿論読みます。

読みたいです。

と、いうわけでずーっと気になっていた漫画を借りてきて読みました。

それはこれ↓
f0109919_10533333.jpg


ご存知でしょうか?

とにかく下品で下ネタ満載のどうしようもない漫画です。

読み始めてすぐ「こりゃ駄目だ・・・」と思っていましたが1~4巻まで読み終えた頃にはワタシの額には「殺」の文字が刻まれていました。

子供には読ませたくないです。

でもワタシは読みます。

f0109919_11165085.jpg


なにやらこの漫画実写版で映画になるそうです。

漫画は面白いけれどこれをわざわざ実写版で映画にするとは・・・・・日本映画はよっぽど面白いホンがないのだと痛感しております。

この漫画を映画化したらアニメを卒業したガキンチョ達が見に来てくれて映画会社は儲かるという算段でしょうか・・・・・?

そんなので良いのですかぁ~っ!!??

クラウザー様っ!?

あなたも資本主義の豚に成り下がるおつもりかぁぁぁぁぁぁぁ~~~!!!???


f0109919_1117957.jpg

[PR]
# by priprim | 2008-03-21 11:08 |

久しぶりの・・・

久しぶりに大阪に行きました。

独身時代はよく行きました。

と、言ってもライブハウスとコンサート会場あるいは劇場でして映画館へは数えるほどしか
行った事がありません。

ワタシは満員電車が苦手なのであまり大阪方面へ行く電車には乗りたくないのですがどうしても見たかった作品が神戸では時間的に絶対見れないので踏ん張って出かけました。
・・・・が、人身事故があり大阪駅の手前で10分ほど満員電車に閉じ込められたままになりちょっとブルーになりながら映画館に到着しました

TOHO梅田は凄くでかい映画館でした。

「通路側は詰まっていますので真ん中はいかがですか?」と言われど真ん中のとても見やすい席に座ってみましたこの作品↓
f0109919_14454228.jpg



『ノーカントリー』
NO country for old men

アカデミー賞を受賞した作品ですがそんなことはさておいて去年の秋だったでしょうか、雑誌か何かでこの人の写真を見て「なんじゃコイツ」
f0109919_1334474.jpg


と思って記事を読んでみるとコーエン兄弟が監督していると知り、公開を待っていたらアカデミー賞・・・これはさぞかしお客さんもいっぱい・・・と思っていたのに・・・がらがらでした。

この、80年代のアメリカの卒業アルバムを見たら男子のほとんどはこの髪型なんじゃないの?
と思うオカッパちゃんの殺し屋シガー
f0109919_13392625.jpg


出てきたとたん殺します。

平気で殺しまくります。

トミー・リー・ジョーンズ演じる老保安官の男ベルが「今の世の中どないなっとんねん」と始終ぼやいていますが、それは今の私たちを取り巻く環境を見てもそう。

メキシコ人たちの麻薬取引のいざこざ現場から大金を盗んだ男モスがオカッパの殺し屋シガーから逃げる話しだと思っていたのですが、ワタシの頭の中にも「どないなっとんねん」がついてまわります。

まず、大金を盗んだ男モスにしてもアレだけの死体を見てもうろたえもせず(ベトナム戦争へ出征していた男なのでそうなのか?)悪びれもせず大金を持ち帰る。
f0109919_14422930.jpg


殺し屋シガーにしても何でああいう人物なのか?

他人とコミュニケーションが取れないような人間なのかと思ったがそうでもない。

人物に対する説明がほとんどない中物語は進んでいく。

説明がないのは説明できないのでは?と言ったら考えすぎかも知れないけれど「どないなっとんねん」と言う出来事は説明しがたい事が多い。

最近新聞を読んでも「訳わからん」と思う事件が多い。

「最近の若いモンは!!」と憤る老人達もルールを守らない自分勝手な人が多い。

「ご注文は以上でよろしかったですか?」などと奇妙な言葉で話しかけられ、自分に都合が悪い事には目くじら立てて怒り、己に優しく他人には厳しく 干渉しすぎればおせっかいだと疎まれ知らんフリには冷たいと罵られる。

まさに今の世の中も「どないなっとんねん」である。

トミー・リー・ジョーンズ演じる老保安官ベルと引退した元同僚が話すシーンがある

「年を取ると自分に神が宿ると思っていた。自分には何でも出来る様になると思っていたけれどそうではなかった。」

「世の中を変えてみたいと思うか?それは思い上がりだ」

今の世の中が20年前より酷くなったか?と聞かれたら20年前もたいがい酷かったよなぁと思う。

私たちには何も出来ない・・・いやそんなことはないはず・・・でも・・・・

殺し屋シガーは何者だったのか?

どこに行ったのか?

「モヤモヤ」したものが残る『答えはCMの後!!』なんていうイライラした番組が最近よくありますがアレにも似た『モヤモヤ』の残る作品でした。
f0109919_14442216.jpg



さて、この作品で殺し屋シガーを演じたスペインの俳優ハビエル・バルデムですがやたらこの映画では髪型が話題になっているというかシガーという人物の不気味さを表しているみたいなのですが、ワタシはこの人の
「ブーツのつま先」が非常に怖かったのですよぅ。

あのつま先がコツコツ映る度目を覆っていたのですが、同じようなブーツを大金盗んだモスが履いていても怖くなかったのになんででしょうか?

ダブルのスーツを格闘家が着ても怖くないのにそのスジの人が着ていたら怖く見えるのと一緒か??(これはワタシの思い込み)

顔がでかくてしかも、パーツがでかくてインパクトのあるこの人には顔以上のインパクトが必要だったのでしょうね。

いつもはこんなセクシーダイナマイトらしいです。
f0109919_1434848.jpg


ワタシにはデルトロちゃんのがせくちぃだわん。
[PR]
# by priprim | 2008-03-19 14:37 | 映画
週末はいいお天気でしたね~

一気に春が来て身体も何も準備できてまへんがな~といったところですが、春は良いです。

外へ出たくなります。

と、いうことで我が家は昨日『山登り』をしてきました。

『山登り』と申しましてもチョモランマへ登るわけではなく1時間ほど登ればいい所です。

神戸へ新幹線で来られた事のある方はおわかりだと思うのですが、新神戸駅という駅は六甲山のすぐ際にあります。

そして昨日行ったのはその新神戸駅のすぐ裏の山です。

登山と言ってもハイキングコースなので子供でも楽々登れます。

少し登るとこんな滝が流れていて↓

f0109919_10313133.jpg


                     『布引の滝』

とても綺麗です。

いくら暖かくなったとは言え草木まではまだ追いついていないみたいで、新芽も何も出ていないので緑に包まれるような幸福感は得られませんでしたがあと1ヶ月もしたら新緑で気持ちよさそうな所でした。

滝を後にずんずん登っていくとダムがあり、それも後に登っていくと『市が原』という川原に着きます。
そこは水深20センチほどの川が流れていて、息子も大喜びで笹舟を作って流したり小さな魚を見つけて追いかけたりと楽しんでいました。
「お母さんもおいでよ」
と言われ川原で石を投げたりしながら息子に
「着替えがないから川にはまらないでよっ!!」と言い続けていましたが・・・・・
ワタシがはまりました(ToT)

3月の川の水は冷たかったです。
その場にいた人たちの失笑も冷たかったです。

と、ここまで楽々登ってきたように申していますが滝までの道は急な階段になっていてそれを過ぎてもダムまでがほとんど階段。
ダムを過ぎてからはなだらかな道もありますがほとんどは急な坂道。

ここ3ヶ月ほとんど外へ出ず、近所の人に『引っ越した』と噂されていたワタクシには非常にキツイ道のりです。

そしてやっと登りついたと思ったらずぶ濡れで、日ごろの運動不足を深く深く反省いたしました。

で、それだけの急な登り坂を登って来たと言う事は帰り道は急な下り坂と急な階段を下りなくてはいけません。

登りで足の裏側の筋肉を使い下りで表の筋肉を使う。

身体が重いから膝にもくる。

なんだかんだ言っても歩く事は全身運動だから肩や背中の筋肉も使う。

子供でも楽々登れるハイキングコースへ少し登っただけでワタクシの今日の動作はこの人(人?)みたいです。
f0109919_11134189.jpg


運動しようと思いました・・・・・・ギーッガシャン♪
[PR]
# by priprim | 2008-03-17 11:02 | 雑記