引っ越しました


by priprim
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

6歳児は見ていた

とほほ・・・

 今日息子と『ネコが飼いたいね』という話題で盛り上がった時のこと・・

『セキセイインコがいるからあかんな』と息子。

『ホンマやな逃げ回って、ぢゅんぢゅん鳴きまくるな』と私。

『うるさいでー』と息子。

『うるさいってまた怒ってしまうな』と私。

ふっと笑って、息子は言った・・・・

『お母さんらしいわ』(T~T)

いつも、黙って私の八つ当たりに耐えているのですか・・・・?

『あ~また始まった』くらいに思ってるのでしょうか?

 6歳児恐るべしっ!
[PR]
# by priprim | 2006-11-29 23:08 | 子供

心のままに

バティニョールおじさん
 
 1942年、ナチス占領下のパリ。ドイツ軍はユダヤ人検挙の協力をフランス国民に要求していた。肉屋を営むバティニョールは、ナチス支持者の娘婿が隣家のユダヤ人、バーンスタイン一家を密告したことから図らずもナチスに協力してしまう。おかげでバーンスタイン家の財産まで引き継いでしまうバティニョール。そんなある晩、バティニョールのもとにバーンスタイン家の12歳の息子シモンが現われる。連行先からなんとか逃げ出してきたのだった。慌ててシモンを匿うバティニョール。仕方なく、シモンをスイスへ逃そうと画策するバティニョールだったが…。 f0109919_13434037.jpg
  

 『笑って泣いて』みたいな宣伝文句で、思わず借りてみたんだけどそんなウォーって言う感動とかって言うのはなくただ、じわりじわりと考えさせられる作品でした。
 バティニョールはいつも周りで起こっている事に無関心で、クチうるさい妻にもほんまに才能あるんかい?ってよな゛未来の娘婿゛(しかも密告者)にも関心を示さない。ただ毎日淡々と過ごしているようにも思える。
それが、シモン達を助ける事によって何かが変わってきたように思う。
彼が、本来持っている優しさによってシモン達もバティニョール自身も救われていったんではないでしょうか
f0109919_14481391.jpg
 警察に捕らえられたバティニョールが警官に言います。
『ユダヤ人だから、嘘つきと言うのか?パリに住んで50年ずっと真面目に働いてきて税金だって納めてる。お前の給料だって俺たちの税金で払ってるじゃないか!』
戦時中のお話ですが今の世の中にも言える事ではないでしょうか?勝手な偏見と思い込み・・・いつの間にか無くしてる優しさ。

「シンドラーのリスト」(はっきり言って嫌い)みたいに大演説をするでもなく
「ただ普通の人みんなが心に持ってる優しさで、助かる事があるんだよ。」と教えてくれる作品です。
[PR]
# by priprim | 2006-11-28 14:38 | 映画

またやってしまった

だめだめ 母ちゃん

 昨日の事です。だんなさんはここのところずーっと忙しくて休みなし。
週末は息子と二人で過ごすんだけど、なぜか昨日は眠くて眠くて気がつくとウトウトしちゃってて・・。
 
 退屈した息子がなんだかんだと話しかけてきて、そのつど目が覚めてイライラが蓄積されていって・・・・

最後には怒鳴ってた(T T)

いつも後でもの凄く反省する。

私も子供のとき母に同じ事されて嫌だったんじゃなかったっけ・・・
 
今なら「お母さん疲れてるんだな。」なんて思えるけど、息子はまだ6歳そんな事思えるわけないよね。

ごめんね。
母ちゃん海より深く反省してるよ。
[PR]
# by priprim | 2006-11-27 12:47 | 子供